ニュース 2020.11.15. 08:30

藤原満氏、5回にソフトB・甲斐がマウンドへ行った場面に…

無断転載禁止
ソフトバンク・甲斐(C)Kyodo News
2020.11.14 13:00
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 3 千葉ロッテマリーンズ
PayPayドーム
クライマックスシリーズ第1戦
○ ソフトバンク 4 - 3 ロッテ ●
<11月14日・PayPayドーム>

 14日にニッポン放送で放送されたクライマックスシリーズ ソフトバンク-ロッテ 第1戦(KBCラジオの制作)で解説を務めた藤原満氏が、5回にソフトバンクの捕手・甲斐拓也がマウンドへいった場面について言及した。

 0-2の4回に柳田悠岐のソロで1点を返したソフトバンクだが、先発・千賀は5回に先頭の田村龍弘に二塁打を打たれ、続く藤岡裕大に初球を送りバントを決められる。

 これに藤原氏は「初球から真っすぐでいって簡単にやらせすぎじゃないですかね」とチクリ。ここで、捕手の甲斐がマウンド上の千賀に声をかけにいくと、藤原氏は「初球の入り方は難しいと思いますよね」と話した後、「大事なのがわかっているなら、送りバントを簡単にやらせてはいけないですよね。ここで慌てて(マウンドに)いっても仕方がないですよね」と指摘した。

 結局、千賀は荻野にレフト前に適時打を浴びた。藤原氏は「ボール、ボールと入っていって千賀は投げている球に、困っていましたもんね」と話していた。

 5回に1点を失ったソフトバンクだが、6回に2点を奪い同点に追いつくと、8回に甲斐が適時内野安打を放ち勝ち越し。9回は守護神・森唯斗がきっちり3人で締めて、4年連続日本シリーズ進出に王手をかけた。

(提供=KBCダイナミックホークス)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM