ニュース

野村弘樹氏がみたセとパの差

無断転載禁止
逆転2ランを放った柳田を迎えるソフトバンク・工藤監督(中央)
 セ・リーグ王者の巨人とパ・リーグ王者のソフトバンクとの日本シリーズは、ソフトバンクの4勝0敗で終えた。

 25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ソフトバンク-巨人 日本シリーズ第4戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、セ・リーグとパ・リーグの差について「DH制の違いということもあるでしょうし、ピッチャーも違ってくるわけですよ」と話す。

 「DHだと打順が回ってこないんですよ。1点、2点取られても、よくなってくるとそのまま投げられる。相手バッターが9人野手なので、そこを抑えていかないといけないので、精神的なところも含めてタフなピッチャーが増えてくると思うんですよね」。

 「セントラルの場合は、そうはいかない。1点、2点入ってくると、チャンスが回ってくると代打を送るケースもある。そう言った意味ではDHのあるないは、選手の使い方も変わってくるし、選手の成長も変わってくる部分はあると思いますね」と自身の見解を述べた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM