ニュース 2021.02.05. 17:32

オリックス・新人が今季の目標を書道で表現! ドラ1・山下は「土台」、ドラ4・中川は「志」

無断転載禁止
書道体験イベントで今季の目標をしたためたオリックスのドラフト1位・山下投手(左)、ドラフト4位・中川投手(右)<撮影=北野正樹>

初の休日に書道体験イベント参加


 オリックスの宮崎キャンプ初の休日となった5日、ドラフト1位・山下舜平大投手(福岡大大濠高)とドラフト4位・中川颯投手(立教大)が宮崎市内のホテルで開かれた書道の体験イベント『天孫降臨の地・宮崎にて自分の目標を刻む。』に参加。講師で宮崎県出身の書道家・今井美恵子さんから「書道には集中する要素があり、墨の香りは脳をリラックスさせる効果がある」などと説明を受けた後、自分が描いた目標を文字にして半紙と向き合った。

 小学校時代に習字を習い、2段という中川が一気に『志』と書きあげ、こちらも小学校時代に習っていたという山下は『土台』と記した。山下は「基礎的なことに時間をかけたい」と、『土台』を選んだ理由を説明。一方の中川は「いろんなことを教わっていくと思うが、自分の軸を忘れず、志高く取り組む」と、大学出身の即戦力候補らしく自分を見失わないことを胸に刻んでいた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 講師を務めた今井さんは「2人とも力強く、観察力も高い」と、期待の新人のセンスを評価。コロナ禍で外出禁止が続くキャンプ生活だが、休日の過ごし方について山下は「持参したマットで体幹を鍛え、肩回りのストレッチを入念にしている」と、実際に基礎的なことに時間をかけている一端を示した。中川は、球団の許可を得て宿舎近くのスターバックスでフラペチーノをテイクアウトし、初めて飲んだそうで「新たな挑戦。また行きたい」と笑顔で語った。


文・写真=北野正樹(きたの・まさき)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西