ニュース 2021.02.06. 16:08

巨人・桑田コーチ、若手投手陣に「投げ終わったあと…」

無断転載禁止
ブルペンで戸郷の投球練習を見つめる巨人の桑田投手チーフコーチ補佐

 巨人の桑田真澄一軍投手チーフコーチ補佐が6日、宮崎春季キャンプに合流した。

 桑田コーチは一、二軍の投手陣に対し「ただ闇雲に投げるのではなく、先発、中継ぎ、クローザーといったような形で、それぞれにあった球数を投げて欲しい」と伝えたという。

 そのなかでも昨季9勝を挙げブレイクした3年目の戸郷翔征について桑田コーチは「研究されてくる。それだけ実績を残したからね。その上をいかないと、今まで通りだとやられると思う」と厳しいコメント。その理由について、「彼は一番実績をあげているだけに、厳しくこれから指導していきたいと思います」と説明していた。

 また、戸郷や平内龍太といった若手投手陣に対し桑田コーチは「投げ終わった後、マウンドの上に残された足跡とか、いろいろと答えが残っているよと、投げた後の歩幅などを覚えておいた方がいい」とアドバイスを送ったそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM