ニュース

オリックス連勝にも指揮官は苦言「もっと精度を上げないと」一方で能見の“お手本投球”を評価

無断転載禁止
ベテランらしい投球術で中嶋監督をうならせた能見投手(撮影=北野正樹)
〇 オリックス 5×-4 西武 ● <SOKKENスタジアム・宮崎>

 オリックスは24日、今季の開幕戦で対戦する西武相手に、最終回の攻撃で2点差をひっくり返してサヨナラ勝ち。前日のロッテ戦に続いて連勝を飾った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 しかし、中嶋聡監督の口調は重かった。前日は併殺プレーができず、この日は対外試合初登板の能見篤史投手が、けん制で一塁走者を誘い出しながら挟殺プレーに失敗して走者を生かすなど、ミスが散見。「ランダンプレーは、すぐに終わらせなければいけないのに。もっと精度を上げないといけない」と苦言を呈した。

25日までの期間限定! 今ならDAZNが2カ月無料

 そんななか、前日の試合で連続3ランを放った高卒2年目の紅林弘太郎選手に続いて、高卒3年目の太田椋選手が4打数4安打。4安打のうち、2本はファーストストライクを弾き返し、「しっかりとネクストサークルで投手にタイミングを合わせている。ファーストスイングで結果が出ている時は調子がいい」と手応えを口にした。「開幕の相手だけに、少しでも嫌な印象を与えようとやっている」と、目標とする開幕一軍に向けてアピールを続けていく。

 中嶋監督が手放しで評価したのが、3番手で6回から登板し、2イニングを1安打に抑えた能見の投球内容。「けん制だけでなく、いろんな間を変えたり、コースや高さを変えたりしてさすがだな、というのはある」と41歳のコーチ兼任投手を称えた後、「ただ抑えたというのではなく、どういうことをしているのか。できていない選手は、ああいう点を見ていてくれるのかな。いい手本ですから。この時期に実践してくれているのを、見てくれているかな」と、その投球術が若い投手陣に浸透していくことを願っていた。

 一方の能見は「(今)できることはできた。走者を出してもクイックがしっかりできて良かった。キャンプ疲れがある中で、ボールの高低を意識して投げることもできた。単調にならないように心掛けている」と、その投球同様に自身のピッチングを淡々と振り返っていた。


文・写真=北野正樹(きたの・まさき)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西