ニュース

2021年の巨人戦はどこで視聴できる? 無料・有料の視聴方法を徹底比較

無断転載禁止
巨人戦の視聴方法をまとめて紹介!
2021年3月26日、2021シーズンのプロ野球がいよいよ開幕する。今季もコロナウイルスの影響で開幕から観客制限での試合開催となる。そのため、読売ジャイアンツファンは自宅でいつでも応援できるように視聴環境を万全に整えておきたい。2021シーズンの巨人戦を視聴できるチャンネルと利用料金、無料放送についてまとめたので、ぜひ参考にしてほしい。

読売ジャイアンツの主催試合を無料で見る方法



プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<
【地上波・BS・CS中継】

■『日本テレビ』
地上波にて巨人の主催試合を放送予定。ただし、放送する試合数は少なく、現在(※2021年3月22日時点)発表されている放送カードは、3月26日(金)DeNAとの開幕戦、27日(土)の開幕第2戦のみとなっている。

■『BS日テレ』
巨人軍主催試合をプレーボールから生中継する。こちらも放送する試合数は少なく、現在(※2021年3月22日時点)発表されている放送カードは、3月27日(土)と28日(日)の巨人 v DeNA戦のみとなっている。

主催試合以外のテレビ放送・ネット配信スケジュールは巨人球団公式サイトの「試合放送予定」で確認することができる。


巨人戦を観るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<


読売ジャイアンツの主催試合を有料で見る方法


【ネット中継】

■『DAZN』
セ・パ11球団の主催試合を全てライブ配信(見逃し配信も対応)。広島カープ主催試合に関しては配信されないが、巨人の全143試合中131試合はライブ配信されるので、ファンならかなり満足度が高いのではないだろうか。DAZNはプロ野球だけでなくサッカーやテニスなどさまざまなスポーツを視聴できて料金は月額1,925円(税込)とコスパは抜群。また、無料視聴期間は1カ月だが、加入してから1カ月のため、月終わりに加入しても無料期間が短くなることがなくお得だ。


▼DAZNの基本スペック▼
基本料金:0円
月額料金:1,925円(税込)
視聴できるチャンネル数:無制限
無料視聴期間:1カ月
視聴環境に必要なもの:特になし
視聴できるデバイス:スマートフォンやパソコン、インターネットと接続したテレビなど。デバイスは6つまで登録可能。2デバイスなら同時視聴も可能



【DAZN】加入の詳細はコチラ



■『スカパー』
「スカパー!プロ野球セット」は、セ・パ12球団の公式戦(クライマックスシリーズや日本シリーズも含む)を全試合視聴できる唯一のサービス。月額4,483円(税込)と料金は高めだが、視聴契約は衛星放送(CS)とスカパーオンデマンドでネット視聴も可能。プロ野球を全試合網羅したいファンにオススメだ。


▼スカパー!プロ野球セットの基本スペック▼
基本料金:429円(税込)
月額料金:4,054円(税込)
視聴できるチャンネル数:12
無料視聴期間:加入月 ※加入月内での解約は不可
視聴環境に必要なもの:110度CS対応デジタルテレビとアンテナ、もしくは光回線テレビサービス
視聴できるデバイス:テレビ。基本的には1台まで。複数のテレビで視聴する場合は「スカパー!基本プラン」などの契約が必要 ※プロ野球セットに加入すればスカパーオンデマンドでの視聴は無料



【スカパー!プロ野球セット】加入の詳細はコチラ




■『ジャイアンツLIVEストリーム』
巨人の公式動画配信サービスで巨人主催試合の全試合とビジター戦20試合以上(阪神タイガース、横浜DeNAベイスターズ、交流戦パ・リーグ球団の主催巨人戦)、イースタンリーグ公式戦30試合以上を視聴できる。月額1,650円(税込)だが、ジャイアンツのID会員に登録していると1,100円(税込)で利用可能。巨人ファンならぜひ押さえておきたいサービスだ。


▼ジャイアンツLIVEストリームの基本スペック▼
基本料金:0円
月額料金:1,650円 ※ジャイアンツのID会員は1,100円(税込)
視聴できるチャンネル数:1
無料視聴期間:なし
視聴環境に必要なもの:特になし
視聴できるデバイス:スマートフォンやパソコンなどのインターネットデバイス
※税抜き価格で表示



【ジャイアンツLIVEストリーム】加入の詳細はコチラ




■『Hulu』
人気の映画・ドラマ・アニメが見放題の動画配信サービス「Hulu」では巨人の全主催試合をライブ配信する。プロ野球配信がメインのサービスではないので月額1,026円(税込)と主催試合のみの料金としては割高。あくまでも映画・ドラマ・アニメなどのコンテンツに付随する副次的なサービスであると考えるべきだろう。


▼Huluの基本スペック▼
基本料金:0円
月額料金:1,026円(税込)
視聴できるチャンネル数:1
無料視聴期間:2週間
視聴環境に必要なもの:特になし
視聴できるデバイス:スマートフォンやパソコンなどのインターネットデバイス
※税抜き価格で表示



【Hulu】加入の詳細はコチラ




【CS中継】

■『日テレジータス』
CS放送の日テレジータスでは、巨人主催試合(イースタンリーグも含む)を全試合生中継する。巨人戦の過去の名場面を集めた「ジャイアンツフラッシュバック」などのオリジナルコンテンツも豊富にあるので、巨人ファンならぜひ加入しておきたい。ただし、ライブ中継は巨人主催試合にほぼ限られているため、視聴できないビジター戦が多いのが難点。


▼日テレジータスの基本スペック▼
基本料金(スカパー!):429円(税込)
月額料金:990円(税込)
視聴できるチャンネル数:1
無料視聴期間:なし
視聴環境に必要なもの:110度CS対応デジタルテレビとアンテナ、もしくは光回線テレビサービス
視聴できるデバイス:テレビ。基本的には1台まで。複数のテレビで視聴する場合は「スカパー!基本プラン」などの契約が必要



【日テレジータス】加入の詳細はコチラ



まとめ

巨人戦は日テレ系列の地上波やBS日テレで無料視聴でき、CS放送の日テレジータスやネット放送のジャイアンツLIVEストリームも巨人主催試合であれば全試合視聴可能。ただし、全143試合の視聴ならば「スカパー!プロ野球セット」への加入が必要。25歳以下であれば「DAZN」に加入し、広島カープ主催の巨人戦を「J SPORTS オンデマンド」で見れば「スカパー!プロ野球セット(4,483円)」よりも安く(1,925円+990円)全球団の試合を網羅できる。コスパ重視ならば「DAZN」は巨人戦が131試合視聴できることに加え、月額1,925円でサッカー、F1、テニスなど豊富なコンテンツが楽しめるので、まずは無料で使い勝手を試してみてはいかがだろうか。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西