ニュース 2021.04.04. 09:00

江本氏、阪神ドラ1・佐藤輝の起用法を心配「調子が悪くなると…」

無断転載禁止
阪神・佐藤輝明 (C) Kyodo News
 3日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 55!!(GoGo!!)みんなのプロ野球』に出演したショウアップナイター解説者の江本孟紀氏が、阪神の佐藤輝明について言及した。

 佐藤はオープン戦で12球団トップとなる6本塁打を放ち、開幕してからも2戦目に田口麗斗からバックスクリーンにプロ初安打となる初本塁打を放った。ここまで2本の本塁打を放っているが、16三振はリーグワーストで打率も.133だ。

 江本氏は「素晴らしい。当たったらすごい。これだけのスイングする選手はいない」と絶賛しながらも、「プロは彼の良いところをオープン戦で全部見れた。あとは欠点だけを探せばいい。彼を打たせないところが、さすがプロ野球だったなと。オープン戦で好調で打っている場所は、同じですから。外寄りのちょっと甘い球。球は速いけど、振り遅れながらレフトに入る。その位置から落ちると空振りをする。これはオープン戦の時に全部わかったんですよ。それに対応できるかだね」と課題点を指摘した。

 また、江本氏は「心配なのは歴史上、阪神は大山然り、調子が悪くなるとすぐに代えるんですよ。矢野監督が佐藤を使い続けるようなことをすれば、大したもんだなと思いますね。中畑はそれで、筒香を育てたじゃないですか」と現在はメジャーでプレーする筒香嘉智を例に出し、今後も積極的に佐藤を起用していくべきだとのことだった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM