ニュース

オリックスが5カード連続で勝ち越しなし…中嶋監督「負けの責任はこっちが持つから…」

無断転載禁止
オリックス・山崎福也(撮影=北野正樹)

借金生活から抜け出せず


 4カード連続で勝ち越せていないオリックスは17日、本拠地でロッテと対戦。終盤に杉本の2ランで一時は2点差に迫るも、ロッテに突き放され引き分けを挟み3連敗。5カード連続して勝ち越しなしで、借金は「5」になった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 「自分の勝ち負けより、最少失点に抑えたい」と、前日の練習後に話していたオリックスの左腕・山﨑福也。チームの勝利を優先するコメントだが、チームの得点力の低さが投手にプレッシャーを与えていることを物語る一言でもある。

 山﨑福は、持ち味の緩急の差を使って打たせて取る投球で、3回まで1安打ピッチング。打線の援護が期待されたが、1回の1死2塁と3回の2死1塁を生かせず。山﨑福は4回に先制点を与え、6回にも先頭の中村奨吾への四球をきっかけにピンチを招き1失点。7回途中、8安打、4失点(自責点3)で降板したが、責めることはできない。7回裏に杉本裕太郎に左中間への特大の2ランが飛び出し、2点差に迫ったものの、早めの援護があればピンチでも余裕を持って粘ることが出来たことだろう。

 試合後の山﨑福は「ストレートも走っていたし、調子自体はよかったと思う。要所、要所での失点を防がなければいけなかった。最後の場面(7回1死2塁から適時2塁打)もそうだが、もう少し粘り強く投げたかった。なんとか最少失点で抑えたかった」と、粘り切れなかった投球を反省した。

 中嶋聡監督は、山﨑福について「四球がゼロに越したことはないが、慎重になったのだと思う。(緩急をつけて)いい投球をしていた」とかばった。

 攻撃面では、「1番」に起用された安達了一が3安打。2度、先頭打者として出塁したが、1回は3、4番が凡退。6回は大城が二ゴロ併殺打に倒れ、好機を生かせなかった。守備では、積極的に打球に飛び込んでの失策以外にも、途中出場の太田椋が二ゴロを一塁に悪送球し、失点に結びつく場面もあった。
 
 試合前の練習では、練習を終えた山岡泰輔投手が外野からペンチに向かわず、内野手の守備位置でT-岡田や杉本、太田らに話しかけ、笑顔を引き出す場面もあった。野手が委縮せずにプレーが出来るようにという、投手のリーダーらしい配慮だったのだろう。

 しかし、投打の歯車はこの日もかみ合わず、引き分けを挟んで3連敗。5カード連続して勝ち越しがなくなり、負け越しは「5」に膨らんだ。

 漆原太晟が3ランを浴びて勝ち試合を引き分けた前日の試合後に「いい形になったものをすべてぶち壊してしまった」と嘆いた中嶋監督。この日は「こういう試合をしていたら絶対にダメ。どこかで断ち切らなければいけない」と改めて口にし、「負けの責任はこっち(首脳陣)が持つから、切り替えて思い切ってやってほしい」と、プレーに集中するよう、選手に求めた。


写真・文=北野正樹(きたの・まさき)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西