ニュース 2021.04.27. 11:00

巨人・桑田コーチが語るイニング間の投手との会話

無断転載禁止
ノックする桑田コーチ 巨人S班キャンプ (C) Kyodo News
 22日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』で巨人の桑田真澄一軍投手チーフコーチ補佐のインタビューの模様が放送され、イニング間、ベンチでのピッチャーとの会話の内容について語った。

 桑田投手コーチは「僕は基本的に現役時代、自分が投げる時は心配しないでくださいと、最後まで行きますよという気持ちで、あんまりピッチングコーチに来られるのは好きじゃなかったんですね。そういうタイプのピッチャーにはあまりいかないようにしています」とのこと。

 その一方で、「たとえばサンチェスとか畠君のように誰か話し相手がいることによって、気持ちが前向きになっていくタイプの人にはできるだけイニングの合間に話をするように心がけています」と、投手によって使い分けているようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM