ニュース

野村弘樹氏が挙げた巨人・高橋が“成長”した点

2021.04.28 17:30
東京ヤクルトスワローズ 3 終了 7 読売ジャイアンツ
神宮
● ヤクルト 3 - 7 巨人 ○
<5回戦・神宮>

 28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた野村弘樹氏が、7回を3失点に抑えた巨人・高橋優貴が成長した点について語った。

 野村氏は「成長したなと思いましたね」と話し、「今日は正直言って、調子が悪いはずなんです。立ち上がりからボール球が多くて、点を取ってもらいながらも苦しみましたけど、一番は5回ですよね。先頭打者に四球を出して、連続で四球。無死一、二塁で代えられるんじゃないかという話をしながらも、内野ゴロ3つで1点に抑えることができましたからね。粘り強さが出てきたと思いますね」と5回の投球をポイントに挙げた。

 5回を振り返ると、6-2の5回に先頭の中村悠平、山田哲人に連続四球で無死一、二塁としてしまい、村上宗隆に二ゴロで走者の進塁を許す。オスナの二ゴロの間に三塁走者の生還を許すも、青木宣親を二ゴロで打ち取り、最少失点で切り抜けた。

 立ち上がりから不安定だった高橋だが、6回を三者凡退に抑えると、7回もマウンドに上がり、この回も三者凡退に打ち取った。野村氏は「立派だったのは6回、7回ですよね。三者凡退で抑えられたというのも、悪いながらもこういったピッチングができる。ここまで投げ切ったというのは、プラスになったと思います」と絶賛した

 バッテリーを組む大城卓三との関係性についても、野村弘樹氏は「キャッチャーの大城も腕をしっかり振っていかなきゃいけないぞというところでは、ジェスチャーをしっかり出している。そこで高橋もわかったと言って腕を振って投げ切れている。バッテリーとしての“阿吽”も良いんじゃないかなと思います」と評価していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM