ニュース 2021.05.07. 21:30

巨人、3本の本塁打が出るも…江本氏「打線をずっと見ていると」

無断転載禁止
巨人の坂本勇人(C)Kyodo News
2021.05.07 18:00
読売ジャイアンツ 4 終了 6 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム
● 巨人 4 - 6 ヤクルト ○
<6回戦・東京ドーム>

 7日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、巨人打線について言及した。

 巨人は初回に坂本勇人、ウィーラーの本塁打で2点先制すると、3回に岡本和真の犠飛で追加点をあげる。しかし、3-1の8回にリリーフ陣が4点を失い逆転を許してしまう。その裏、坂本のこの日2本目となる一発で1点を返す。続く9回に井納翔一が先頭のサンタナに一発を浴びる。巨人打線は3本の本塁打に犠飛で4点を挙げるも、適時打が出なかった。

 江本氏は「打線が悪いんですよ。初回にホームランを打った2点だけでしょう。次1点取っていますけど、ベンチも采配が狂ってくるくらい打線が悪いんですよ」とバッサリ。

 「巨人打線をずっと見ていると、いろんなバッターがいるんですけど、みんな大もの打ちなんですよ。みんなブンブン振るだけのバッター。だから繋がってこないんですよね。とにかく打つしかないみたいなね」と指摘していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM