ニュース 2021.07.10. 09:00

阪神・秋山が“1球”で送った!下柳氏「お見事」

無断転載禁止
阪神・秋山拓巳 (C) Kyodo News
2021.07.09 18:00
阪神タイガース 4 終了 1 読売ジャイアンツ
甲子園
○ 阪神 4 - 1 巨人 ●
<13回戦・甲子園>

 ABCラジオ制作で9日にニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた下柳剛氏は、5回初球で送りバントを決めた阪神・秋山拓巳について言及した。

 阪神は2-1の5回一死走者なしから中野拓夢がセンター前に放つと、続く投手の秋山が初球できっちりと送りバントを決めた。下柳氏はこの犠打に「お見事ですね。5回表の巨人の攻撃で」戸郷君がヒットを打ったことでピッチャーにプレッシャーがかかった。送りバント、打撃というのはピッチャーも疎かにしてはいけないですよね」と話した。

 得点圏に走者が進み、1番の近本光司がセンター前に追加点となる適時打を放った。

 下柳氏は近本の適時打後、「やっぱりピッチャーのバント、打撃というのは、ここでしっかりできるかできないかがえらい違いですね」と話し、「本来秋山君が打席入ってきたところで、バントが下手な投手なら代打を出されるんですよね。そうすると、なかなか勝てるピッチャーにならないんですけど、きっちり1球で決められるので、代打を出されずにいける」と分析した。

(提供=ABCフレッシュアップベースボール)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM