ニュース 2021.07.26. 12:47

オリックスが新外国人野手の獲得を発表!森川本部長「さらなる得点力アップに貢献してほしい」

無断転載禁止
オリックスの新外国人・ラベロ選手

来日時期は未定


 オリックスは26日、今季ドジャーズ傘下の3Aでプレーしていたランヘル・ラベロ選手(29)の獲得を発表した。
 

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<
 ラベロはキューバ出身で、185センチ、106キロ、右投げ右打ちの内野手。今季は3Aで26試合に出場し、打率.407(91打数37安打)、27打点、8本塁打をマークしている。マイナー通算では、896試合に出場して打率.302(3186打数961安打)、509打点、70本塁打。メジャー通算は42試合、打率.189(74打数14安打)、13打点、3本塁打という成績だ。

 球団では、数年前からラベロをリストアップ。森川秀樹球団本部長は「シーズン当初の得点力不足を補うため交渉を続け、本人も日本でのプレーを望んだことから契約に至った」と、獲得までの経緯を説明。「シュアな打撃で、チャンスに強い選手。チームのさらなる得点力アップに、貢献してほしい」と期待を込めた。

 アメリカでは一塁と外野を守ってきたが、起用方法については「チーム事情に合わせて」(森川本部長)と、明言は避けた。来日時期は未定となっている。

 後半戦を前に、右腕・スパークマンに続く補強を行ったオリックス。25年ぶりの優勝に向け、戦力を着々と整えている。


取材・文=北野正樹(きたの・まさき)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西