ニュース 2021.08.17. 17:38

オリックスの新助っ人スパークマンが来日初登板へ「とてもエキサイトしている」

無断転載禁止
ほっともっと神戸のマウンドで調整を行ったオリックスのスパークマン<写真=北野正樹>
2021.08.18 18:00
オリックス・バファローズ 5 終了 2 北海道日本ハムファイターズ
ほっと神戸

ベールを脱ぐ新戦力


 オリックスは17日、あす18日の日本ハム戦で新外国人右腕のグレン・スパークマンが先発することを発表した。ほっともっと神戸で予定されていた17日の試合は雨天中止となったが、同日に先発予定だった山崎颯一郎はスライドせず、新助っ人が初めて一軍公式戦のマウンドに立つ。

 スパークマンは、7月25日に行われたウエスタン・リーグのソフトバンク戦に先発し、2回を4安打、3失点。31日のエキシビションマッチの巨人戦(京セラドーム大阪)でも先発として3回を3安打、1失点。8月6日の阪神戦(同)では、6回からの登板で、最速155キロの直球に変化球を織り交ぜ、4イニングを50球、1安打、6奪三振、無四球無失点と好投。後半戦2カード目での先発が決まった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 デビュー戦に向けては、「とてもエキサイトしている。待ちきれない」と笑顔を見せ、現在の調整具合については「来日時に比べて体力がつき、仕上がっている。明日は、5、6回は投げたい」と自信を示した。

 日本ハムの印象は「特になく、自分のスタイルで勝負したい」と語り、激しさを増す首位争いの中での登板に「プレッシャーを自分にかけず、考え過ぎることなく自分がコントロール出来る部分に重点を置いて投げたい」と平常心での投球を心掛ける。

 ほっともっと神戸のマウンドに関しては、15日に行われたウエスタン・リーグの試合前に投げ込みを行なっており、準備は万端。「この球場でイチローさんがプレーしたと聞いている。そこは楽しみ」と、日米両球界のレジェンドと同じ舞台でプレーすることに思いをはせた。

 イチローと面識はないものの、ニンテンドーのビデオゲームではお気に入りの選手だったという。「小さいころから見ていた選手。ゲームではシアトル(マリナーズ)のチームを選んで、イチローさんのキャラを使って遊んでいた。バントすると、絶対にセーフになる」と笑わせた。

 オリックスの中嶋聡監督は、「(予定された登板が)1試合、流れている。あのまま同じような投球をしてくれたらいいが、難しい調整となっている。投げてみないとわからないが、抑えてくれることに期待している」と、新たに加わった戦力の快投を心待ちしていた。


取材・文=北野正樹(きたの・まさき)

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西