ニュース 2021.08.21. 21:42

ロッテの7回の攻撃に島田氏「ひとつのチャンスをモノにしてくる」

無断転載禁止
ロッテの中村奨吾
2021.08.21 18:00
福岡ソフトバンクホークス 6 終了 8 千葉ロッテマリーンズ
PayPayドーム
● ソフトバンク 6 - 8 ロッテ ○
<15回戦・PayPayドーム>

 ロッテが5点を追う7回に打者9人の猛攻で5点を挙げた。

 0-1の6回に4点を失った直後の7回、先頭の山口航輝が二塁内野安打で出塁すると、エチェバリアが四球、岡大海の中安で満塁とし、一死後、代打・角中勝也の押し出し四球でまず1点を返す。1番・荻野貴司が二飛に倒れるも、2番・藤原恭大がライトフェンス直撃の2点適時二塁打、3番・中村奨吾の2点適時打で同点に追いついた。

 この攻撃にRKBラジオ制作でニッポン放送でも放送された『ソフトバンク-ロッテ戦』で解説を務めた島田誠氏は「ロッテというチームは0-5だろうが、ひとつのチャンスを非常にモノにしてくる。非常に怖いチームですよ」と評価。

 5-5の9回には二死三塁からレアードの適時内野安打、代打・佐藤都志也の2ランで3点を奪い勝利した。

 今後リーグ優勝を目指していくうえで島田氏は「投手力もそうですけど、一発でゲームを決められる打順の決め方ができたら、ロッテはもっと上を狙えますね」と話した。

(提供=エキサイトホークス)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM