ニュース 2021.08.31. 21:37

巨人・デラロサ、一死も奪えず3失点 山崎武司氏「打者の反応を見ると…」

無断転載禁止
巨人のルビー・デラロサ (C) Kyodo News
2021.08.31 17:45
読売ジャイアンツ 10 終了 8 東京ヤクルトスワローズ
岐阜
○ 巨人 10 - 8 ヤクルト ●
<15回戦 岐阜>

 巨人のセットアッパー・デラロサが、苦しいマウンドとなった。

 10-5の8回から登板したデラロサは、先頭の中村悠平にセンター前に運ばれると、続くサンタナに右安、元山飛優に中安で無死満塁のピンチを招く。代打・川端慎吾に3ボール2ストライクから14球目のスライダーをライトへ2点適時二塁打を浴びた。なお無死二、三塁とピンチが続き、塩見泰隆にスライダーをセンター前に適時打を許したところで降板となった。

 8月31日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた山崎武司氏はデラロサについて「(ヤクルト打線が)しっかり振っているんですよね。スピードガンも152、3出ているんですけど、バッターの反応を見るとそれほどっていう感じじゃないですか」と話し、塩見の打席中には「スライダーが全部高いですよね。スライダーがストライクからボール、もしくは低いボールにいってくれれば、空振りが取れる可能性があるんですけど、高いもんですから。思いのほかみんないいスイングしちゃうんですよね」と解説していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM