ニュース 2021.08.31. 21:43

首位・巨人、“乱打戦”を制す!山崎武司氏「今日取れたのは大きい」

無断転載禁止
巨人・中島宏之(C)Kyodo News
2021.08.31 17:45
読売ジャイアンツ 10 終了 8 東京ヤクルトスワローズ
岐阜
○ 巨人 10 - 8 ヤクルト ●
<15回戦 岐阜>

 首位・巨人が、2位・ヤクルトとの“首位攻防戦”に、10-8で乱打戦を制した。

 巨人は4-4の6回に中島宏之の適時二塁打で勝ち越すと、吉川尚輝にも走者一掃の3点適時三塁打が飛び出し、この回4点を奪う。8-4の7回に高梨雄平が山田哲人に適時打を浴びたがその裏、松原聖弥、廣岡大志の連続適時打でリードを広げた。

 8回から登板したデラロサが5連打で3点を失ったが、後を受けて登板した中川皓太が青木宣親を投ゴロ、山田哲人を中飛、村上宗隆を中飛で“0”で切り抜けた。10-8の9回はビエイラが締めて、なんとか逃げ切った。

 31日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ヤクルト戦』で解説を務めた山崎武司氏は「今日取れたのは大きいですね」と話し、ピンチで見事な火消しを見せた中川について「原監督としては、中川にメドがたったというのは嬉しいでしょうね。ピッチャーはどれだけいても十分だということはありませんから、良い投球をしてくれたので、また厳しいところで投げるでしょうね」と予想していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM