ニュース 2021.09.05. 08:30

掛布氏が語る巨人・中田が「本来の打撃」ができていない原因

無断転載禁止
巨人・中田翔(C)Kyodo News
 4日にニッポン放送で放送された阪神-巨人戦(MBSラジオの制作)で解説を務めた掛布雅之氏が、巨人・中田翔の現状について語った。

 8月20日に日本ハムから巨人のトレードで加入した中田の打撃について掛布氏は「本来の中田君のバッティングの内容はまだまだですよね。ちょっとインコースのボールを意識しすぎですよね」と指摘する。

 掛布氏は、投手ゴロに倒れた中田の第1打席の打撃について「今のボールも甘いボールなんですけど、1球目の厳しいインコースのボールを振っているので、そのインコースのボールを意識しながら、甘いボールを打ちにいっている。ボールの距離がとれないんですよね。目とボールの距離ですよね。これがうまく撮れていないんですよね」と打ち取られた原因について語った。

 「セ・リーグのピッチャーは相手の弱点を攻めてくる。比較的パワーピッチャーよりも、コースで攻めてきますよね。そのインコース攻めというものが、中田君のバッティングを崩していると思いますね」と話していた。

(提供: MBSベースボールパーク)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM