ニュース 2021.10.11. 19:21

オリックスが東北福祉大の右腕・椋木蓮を1位指名! 中嶋監督は「高い能力を持つ投手。エース候補として考えている」

無断転載禁止
東北福祉大・椋木蓮 [写真提供=プロアマ野球研究所]

吉田正尚以来、6年ぶりの大学生ドラ1


 オリックスは、東北福祉大の右腕・椋木蓮を単独で1位指名。179センチ、84キロ。スリークォーターからのストレートが武器で、今年6月の全日本大学選手権では自己最速を1キロ更新する最速154キロをマーク。スライダー、フォークボール、カットボールなどを操り、先発、リリーフも経験していることから即戦力として評価した。

 中嶋聡監督は「(競合がなく)よかった。ボールの強さがあり、スライダーのキレもある。高い能力を持つピッチャー」と評価。起用方法については「すべての可能性を持っている。投げているのを見て考えたい」と、実戦での投球に期待を寄せ、「エース候補として考えている」と、プロでの活躍を願った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<
 
 担当の上村和裕スカウトは「MAX154キロの伸びのあるストレートと、斜めに鋭く曲がるスライダーが武器。先発でもリリーフでも対応出来、1年目からフル回転の活躍が期待される即戦力投手」とコメント。

 オリックスの大学生のドラフト1位は、2015年の吉田正尚(青学大)以来、6年ぶり。その後、山岡泰輔(東京ガス)、田嶋大樹(JR東日本)と続き、2018年からは3年連続で高校生を指名していた。


取材・文=北野正樹(きたの・まさき)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西