ニュース 2021.10.15. 06:00

高知市がオリックスを表敬訪問 2年ぶりの秋季キャンプ復活も

無断転載禁止
湊球団社長を表敬訪問した高知市の和田市議会議長(右から2人目)ら〈写真=北野正樹〉

高知市がゲームスポンサーに


 優勝を争うロッテとの最終決戦が行われた京セラドーム大阪では、高知市がゲームスポンサーとなり、『2021高知よさこいデー』として14日の試合を開催。試合前には高知市の関係者がオリックスの湊通夫球団社長らを表敬訪問し、25年ぶりの優勝に向けて進むチームにエールを送った。

 高知市からは、和田勝美・市議会議長、田邊千香子・よさこい高知観光大使ら4人と、マスコットの「りょうまくん」が球場を訪れ、湊社長や森川秀樹・球団本部長らと面会。和田議長は「ゲームスポンサーとなった試合が、一番大事な試合になった。全力で戦い優勝してほしい」と激励。湊社長も「大切な日にゲームスポンサーになっていただき、ご縁を感じる。一戦一戦、戦いご期待に応えたい」と応じた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 オリックスは、阪急時代に高知市で春季キャンプを続け、オリックスでも若手を中心とした秋季キャンプを行ってきた。昨年はコロナ禍で見送ったが、2019年には県外を中心に1万3000人を超す観客を集めていた。森川本部長は「今年は、高知市での若手中心の秋季キャンプも検討したい」と話しており、2年ぶりに復活する可能性もありそうだ。

取材・文=北野正樹(きたの・まさき)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西