ニュース 2021.10.19. 21:51

山﨑武司氏、阪神・近本の3ランに「矢野監督にもあっぱれ」

無断転載禁止
阪神・近本光司 (C) Kyodo News
2021.10.19 18:00
阪神タイガース 11 終了 0 東京ヤクルトスワローズ
甲子園
○ 阪神 11 - 0 ヤクルト ●
<24回戦・甲子園>

 阪神の近本光司が、ヤクルトとの大事な首位攻防戦で初回に先制となる第10号3ランを放った。

 阪神の先発・青柳晃洋は初回満塁のピンチを招いたが、0で切り抜けると、その裏、阪神打線がヤクルトの先発・奥川恭伸に襲いかかる。1番の島田海吏が中安、続く中野拓夢の左安で一、二塁とすると、3番・近本が奥川のストレートを捉え、打球はライトスタンドへ飛び込んだ。

 19日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 阪神-ヤクルト戦』で解説を務めた山﨑武司氏は「これは素晴らしい。両エースの対決で、無死一二塁で、近本はバントもできるわけですよ。そのなかで矢野監督が打たせませたよね。当たってこれがホームラン。これは矢野監督にもあっぱれですよね」と本塁打を放った近本だけでなく、矢野監督の采配を絶賛。

 「どうしてもこういうゲームは主導権を握りたいんですよ。特にエース対決ですから、ゲーム的には3点くらいの勝負と両監督は考えていると思うんですけど、ここで打たせたというのは正直ビックリしました」と山﨑氏も驚く采配だったようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM