ニュース 2021.10.25. 08:30

ヤクルト・石山が廣岡に一発を食らう 大矢氏「裏をかく必要はなかった」

無断転載禁止
ヤクルトの石山泰稚
2021.10.24 18:00
東京ヤクルトスワローズ 6 終了 4 読売ジャイアンツ
神宮
○ ヤクルト 6 - 4 巨人 ●
<25回戦 神宮>

 24日にインターネットで実況生中継した『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた大矢明彦氏が、6回にヤクルトの石山泰稚が巨人の廣岡大志に3ランを浴びた場面について言及した。

 石山は6-1の6回一死一、三塁の場面でマウンドにあがると、立岡宗一郎を外角のストレートで空振り三振。続く廣岡に対しても2ストライクと追い込んだが、2ボール2ストライクから投じた5球目のストレートをレフトスタンド最前列に運ばれた。

 この被弾に大矢氏は「絶対に状況を見ながらやっていかないといけない場面。裏をかきにいきすぎですよね。理想を追いすぎでしたね。あそこはフォークでも、スライダーでもバッターを考えたら裏をかく必要はなかったですね」と指摘していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM