ニュース 2021.10.26. 21:34

ヤクルトが6年ぶりに優勝!真中氏「終盤は苦しい試合が続きましたけど…」

無断転載禁止
プロ野球セ・リーグで6年ぶり8度目の優勝を決め、胴上げされるヤクルト・高津臣吾監督 (C)Kyodo News
 優勝マジック2で迎えたヤクルトが、DeNAに5-1で勝利し、2位・阪神が中日に敗れたため6年ぶりにリーグ優勝を達成した。

 打線は12球団トップの617得点を誇り、山田哲人と村上宗隆の打点数は100を超え、塩見泰隆はトップバッターに定着。新外国人のオスナ、サンタナも打線にいい味を出した。中村悠平も春先は2番、シーズン終盤は両外国人の間の6番を担当し、良い繋ぎを見せた。

 投手陣も10勝を挙げた投手はいなかったが、エース・小川泰弘がチームトップの9勝をマークし、奥川恭伸、高橋奎二といった若手投手陣が成長。さらに、サイスニード、高梨裕稔、原樹理、石川雅規も良い働きを見せた。リリーフ陣も7回・今野龍太、8回・清水昇、9回・マクガフの勝利の方程式が確立され、清水はシーズン新記録となる50ホールドをマークした。

 26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル DeNA-ヤクルト戦』で解説を務めた真中満氏は試合後に「(シーズン)終盤は苦しい試合が続きましたけど、先日のジャイアンツ戦、今日の横浜戦と今まで通りやってきたことの結果が出たというゲームになりましたよね」と振り返り、優勝決定後には「本当に今年1年間いろんなことがあったと思うんですけど、最後の優勝の瞬間に全てが報われるという高津監督のインタビューでしたよね。マジック出てからも楽な展開かなという気がしたんですけど、終盤若干苦しんで最後なんとかもぎとった優勝ですから喜びも倍増という感じでしょうね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM