ニュース 2022.03.31. 09:00

若松氏、巨人・ポランコは選球眼○「打撃センスはある」

無断転載禁止
今季からロッテでプレーする巨人時代のポランコ (C) Kyodo News
2022.03.30 18:00
東京ヤクルトスワローズ 1 終了 3 読売ジャイアンツ
神宮
● ヤクルト 1 - 3 巨人 ○
<2回戦・神宮>

 巨人の新外国人・ポランコが30日、来日第1号本塁打を放った。

 『3番・右翼』で先発出場したポランコは、0-0の4回無死走者なしで迎えた第2打席、ヤクルトの先発・石川雅規が投じた初球のシンカーをライトスタンドに放り込んだ。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた若松勉氏が、ポランコの本塁打について「インサイドのシンカーでしたけど、鋭いスイング、素晴らしいバッティングでしたね」と評価。

 また若松氏は「選球眼も良いし、なかなかバッティングのセンスはあると思いますよ。体もいいしね」とポランコを絶賛。

 この日は左の石川から本塁打を放ち、開幕戦でも左の大野雄大から3安打するなど、左投手に強さを見せる。若松氏は「左ピッチャーの場合、呼び込んで打つからそっちの方があっているのかもしれませんね」と分析していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM