ニュース 2022.04.07. 11:34

待望の今季初HR チーム救った佐藤輝・石川昂の“一発のチカラ”

無断転載禁止
プロ野球 阪神対DeNA ヒーローインタビューを受ける、開幕10戦目で今季1号、2点本塁打を放った阪神・佐藤輝明。チームは今季初勝利、連敗を9で止めた=2022年4月5日 甲子園球場 写真提供:産経新聞社
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、4月5日に待望の今季(2022年)初本塁打を放ち、チームの勝利に貢献した阪神・佐藤輝明選手と、中日・石川昂弥選手にまつわるエピソードを紹介する。
「いや、もう間違いなく。特別な一日ですね」

~『デイリースポーツonline』2022年4月6日配信記事 より(佐藤輝明コメント)

-----

相撲で言うと、10日目にして待望の「初日」が出たのが阪神です。3月25日、京セラドーム大阪で行われた開幕戦で、ヤクルトに最大7点差をひっくり返される逆転負けを喫してから、ヤクルト・広島・巨人に3カード連続で3連敗。悪夢のような開幕9連敗を喫して、ホーム・甲子園球場に戻って来たのが4月5日でした。

やはり虎は、甲子園に来ると変わります。入場制限が解除され、久々に大勢の観客で埋まった本拠地でのゲーム。阪神は初回、DeNA先発のロメロから、1番・近本がセンター前にヒットを放ち出塁。暴投で二塁に進むと、2番・中野がライト前にタイムリー。リズムよく先制したあと、3番・糸井が凡退。1死一塁で4番・佐藤輝明に打順が回ってきました。

2年目の今季、開幕から全試合4番に座っている佐藤輝。ヒットは打っていますが、佐藤輝ならではの豪快な本塁打は開幕9試合でまだ1本も出ていませんでした。甲子園に戻っての初戦、何としても連敗を止めたい阪神としては、ここで一発欲しいところ。

佐藤輝は、ロメロが内角に投じた初球、148キロを豪快に振り抜くと、打球は虎ファンで埋まったライトスタンド前列に飛び込みました。DeNAの出鼻をくじく、今季1号2ラン!

-----
『いやもう、めちゃくちゃうれしいです』

『本当にギリギリだったので一生懸命走りました』

~『デイリースポーツonline』2022年4月6日配信記事 より

-----

「めちゃくちゃうれしい」の一言には、実感がこもっています。昨季(2021年)は1年目から24本塁打を放った佐藤輝ですが、規定打席到達者中ワーストの173三振を喫しました。それだけ積極的にバットを振っていった証しでもありますが、今季は確実性アップのためフォームを改良。開幕9試合で打率は2割8分台と安定していたものの、代わりに代名詞でもある豪快な本塁打が鳴りを潜めていたのです。

やはり、自分の持ち味は「一発」にあり。それこそが、チームが長いトンネルから抜け出すための起爆剤になる……佐藤輝は試合前の練習で藤井康雄1・2軍巡回打撃コーチからアドバイスを受け、フォームを微修正しました。どこを修正したかについて、藤井コーチはこう語っています。

-----
『ボールを(待って)受け過ぎるところがあった。気持ちいいポイント、一番打って飛ぶポイントはどこか(を探った)』

~『毎日新聞』2022年4月5日配信記事 より

-----

確実性、安定性を求めるがゆえに、つい見失っていた「気持ちいいポイントでボールを叩く」というバッティングの原点。ミートするポイントをやや前に置いた結果生まれた佐藤輝の2ランは、阪神先発・西勇輝にとって大きな援護点となり、2020年9月以来久々の完封勝利につながりました。

試合後、阪神にとって今季初のお立ち台に立ち「最高です!」と叫んだ佐藤輝。満員に近い状態の甲子園でプレーするのは、佐藤輝にとって初めての経験でした。その舞台でチームを勝利に導く一発を放ったことは、本人にとっても万感の思いがあったことでしょう。

-----
『これをきっかけにしてやるしかないので。(坂本)誠志郎さんとか、なんか泣きそうな感じだったので(笑い)。明日からもっと勝っていって巻き返したい』

~『デイリースポーツonline』2022年4月6日配信記事 より

-----

トンネルを抜けたと言っても、まだ借金は「8」もあります。ここから手負いの虎が巻き返すには、新主砲・佐藤輝の豪快なアーチが何本飛び出すかにも懸かっています。

5日に、チームを勝利に導く「待望の初アーチ」を打った選手がもう1人います。中日の将来の主砲候補と期待されている、今年3年目・石川昂弥です。

神宮球場で行われたヤクルト-中日戦。3連勝中の中日は序盤に5点をリードしますが、ヤクルトも反撃。7回、主砲・村上のこの日2本目となる3ランで6-6の同点に追いつきます。ムード的にもヤクルトが押せ押せの状況でしたが、直後の8回、先頭で打席に入ったのが石川昂でした。

-----
『やっぱり村上さんのホームランを見て、次、先頭というのは分かっていたので、やり返すというふうには思っていました』

~『スポーツ報知』2022年4月5日配信記事 より

-----

愛知・東邦高校から、2019年のドラフト会議で3球団競合の末に中日入りした石川昂。「地元の子」だけに中日ファンの期待はことのほか高く、また打球を遠くへ飛ばす能力は折り紙付きでした。1年目から1軍の試合に出場しましたが、すぐには結果が残せずほとんどがファーム暮らし。2年目の昨季は、死球による故障もあって1軍出場はゼロに終わりました。

今季から指揮を執ることになった立浪新監督は、石川昂を主砲に育てるべく、「今季は開幕から、昂弥をスタメン三塁で使う」と明言。実際、起用を続けて来ました。しかし打撃は低迷。この日も1番~6番までの打者が5回までに全員ヒットを放つなか、7番の石川昂は第3打席まで「三振、三振、サードゴロ」と蚊帳の外でした。

しかし途中交代させることなく、石川昂をそのまま打席に送り出した立浪監督。村上の同点本塁打を見て、そもそも1軍でまだ1本も本塁打を打っていないのに「やられたら、俺がやり返す」と考える負けん気……石川昂のメンタルの強さを立浪監督は高く評価しています。

石川昂は、ヤクルト・清水が投じた真ん中低め、145キロをフルスイングすると、打球は左中間スタンドへ飛び込む今季1号ソロに! 貴重な勝ち越し弾であると同時に、この一発は記念すべき「プロ初本塁打」でもありました。こんな緊迫した場面で、試合を決める一発が打てる石川昂、やはりタダ者ではありません。

石川昂の長所は、物怖じしないところです。プロ2年目の昨年1月、「自主トレに参加したい」と広島・鈴木誠也(現カブス)に志願。石川昂は常々、鈴木を「理想の4番」と語っています。使用している用具メーカーが同じという縁もあって弟子入りが実現。おとなしい若手が多い中日では珍しい“行動派”です。

立浪監督が我慢してスタメン起用を続けているのも、石川昂がバッティングに対して真剣であり貪欲だからこそ。いまは経験を積ませることが大事……と考えていたところ、チームを5割に導く決勝アーチを放ってくれたのだから、こんなに嬉しいことはないでしょう。石川も、そんな指揮官に対して感謝の言葉を忘れませんでした。

-----
『なかなかチャンスで打ててなかったんですけど、使い続けてくれた立浪監督だったり、色んな方々に声をかけて頂いてホームランを打てたと思うんで、感謝しかないです』

~『スポーツ報知』2022年4月5日配信記事 より

-----

ホームランは野球の華であり、チームの雰囲気を一変させる力を持っています。将来を期待される若き「ホームラン打者」が東西でノロシを上げた4月5日。これをきっかけに2人が本塁打を量産し、セ・リーグを盛り上げてくれることを期待しましょう。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM