ニュース 2022.05.20. 09:00

山﨑武司氏、巨人・大城を心配「らしいバッティングをしていない」

無断転載禁止
巨人の大城卓三 (C) Kyodo News
 19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた山﨑武司氏が、巨人・大城卓三の打撃について言及した。

 山﨑氏は「大城らしいバッティングをしていない。ちょっと思いっきりも欠けているし、探っているというか、怖々振っているところがある。長いシーズン調子が良いとき、悪い時があるんですけど早く自分の感じに戻すことですよね。バッティング練習も必要だし、走り込みも必要だし、彼はキャッチャーなので、キャッチャーのことも考えなければいけないので大変なんですけどね」とコメント。

 続けて山﨑氏は「バッターのポテンシャルとしては中軸を打てるくらいの力を持っている。見る限りでは体が前に出ちゃっている。軸足のタメがないぶん、ステップしたと同時に前の腰がついていってしまうものですから外が届かないんですよね。必ず開こうとすると、いくらバッターがトップを作ろうとしても、必ず前にくっついていきますから、これはどうやっても体の構造上、開けば必ず手がくっついてくる。そのぶん、間ができなくなり、タイミングが取れなくなる。思い切って詰まればいいんですよね。ただ、バッターは詰まるのが屈辱なんですよ」と解説していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM