ニュース 2022.08.09. 21:19

谷繁氏、中日・柳と木下のバッテリーに「反省する場所を変えないと」

無断転載禁止
中日・柳裕也 (C) Kyodo News
2022.08.09 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 2 読売ジャイアンツ
バンテリンドーム
○ 中日 3 - 2 巨人 ●
<15回戦・バンテリンドーム>

 中日の柳裕也が9日、巨人戦に先発し6回2失点に抑えた。

 柳は初回、岡本和真に適時打を浴び、課題の立ち上がりでまたも失点してしまった。同点に追いついてもらった直後の3回にはポランコに適時二塁打を打たれ逆転を許す。柳は4回と5回も走者を出しながら無失点に抑えると、2-2の5回にビシエドが適時打で勝ち越し。リードをもらった6回は三者凡退に抑え、その裏打席が回ってきたところで代打が送られ降板となった。

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された9日の中日-巨人戦で解説を務めた谷繁元信氏は、「(これが収穫だったというのが)正直ないんですよ。これは柳一人の問題じゃないと思いますね。やっぱりバッテリーです」とコメント。

 「バッテリーでもう1回、深堀りというか反省する場所を変えないと、なかなか見えてこないところがあるかもしれないですね」とチクリ。「(毎試合反省するポイントが)ズレているかもしれないです。これはわからないですよ。本当はそういうポイントも反省している可能性もありますし、でも僕が柳と木下のバッテリーを何試合か今年見ていますけど、あまりそこには気づいていないのかなと毎回感じます」と厳しかった。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM