ニュース 2022.08.16. 08:00

若手が台頭しはじめた巨人投手陣

無断転載禁止
巨人・山﨑伊織 (C) Kyodo News
 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた佐々木主浩氏が、巨人の若手投手陣について語った。

 佐々木氏は巨人の若手に「楽しみなピッチャーが揃っていますよ。キャンプを見たときに、順調に育ってくれればいいなと思って見ていましたね」とコメント。

 ドラフト1位ルーキー・大勢は開幕から守護神を務めここまで28セーブをマークし、高卒4年目の戸郷翔征は自身初の二桁勝利を達成。大卒2年目の山﨑伊織も一時調子を落とした時期もあったが、8月は2試合・14イニングを投げて2勝、防御率0.64。堀田賢慎は防御率こそ6.03だが5日のヤクルト戦では7回1失点に抑え、赤星優志は先発とリリーフで経験を積み、大卒2年目の平内龍太も勝ちパターンを担う。さらに13日の広島戦では、直江大輔が6回を無失点に抑えプロ初勝利を挙げた。

 若い芽が少しずつではあるが出てきている。この中から、一軍に定着する投手が増えてくれば、一気に投手陣の若返りも進んでいきそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM