ニュース

交流戦前最後のカードで一触即発…警告試合って?

 23日、ナゴヤドームで行われた中日-巨人の8回戦で事件は起こった。

 8回に巨人が一挙4点を挙げて大野雄大を攻略。迎えた9回、この回からマウンドに上った中日の3番手・岡田俊哉が一死から阿部慎之助の右足に死球。当てられた阿部は少しマウンドへ歩み寄るような仕草を見せながら一塁へ歩くと、二死となった後、今度は片岡治大に死球。これには巨人のコーチ陣と選手たちは三塁ベンチを飛び出して威嚇。乱闘とまではいかなかったが、場内は騒然となった。

 審判は両チームに警告を与え、この試合は“警告試合”となった。結果的に巨人が4-1と勝利を収めたものの、少し後味の悪い結果に。交流戦前最後の試合にモヤモヤを持ち越す格好となった。

 もちろん、死球というのは真剣勝負の結果であり、それほど珍しいシーンでもないが、その都度警告が出るかと言えばそうではない。そもそも警告試合とは何なのだろうか。

 警告試合とは、「危険な要素を含んだ試合」と審判が判断した際に発令されるもの。乱闘や、乱闘まではいかなくても両軍が睨み合いになるなど、緊張状態となった時に、その後の報復行為を防ぐことを目的としている。

 警告試合となると、その後に死球や打者をめがけて投げたと思われる危険な投球をした投手は無条件で退場とすることができ、悪質な場合には監督が退場となる場合もある。

 最近ではオリックス-日本ハムの8回戦で、オリックスの塚原頌平が中田翔、大野奨太、岡大海の3人に死球。プロ野球史上9人目となる1イニングで3人の打者に死球を当て、日本ハムサイドはベンチから飛び出して一勝即発ムードに。結局のところ退場者は出なかったものの、警告試合となった。

 カードの中で一度こういうことが起きてしまうと、後の投手たちが「内角を攻めづらくなる」などの心理的なプレッシャーに襲われることがしばしばある。明けて今日、24日の先発は、中日が小熊凌祐、巨人はルーキーの高木勇人だ。

 交流戦前最後の同一リーグの対戦になる今日の試合、もちろん「これぞプロ!」というような熱い試合に期待したいところではあるのだが、まずは遺恨を残すようなことがないようにクリーンに終わることを祈るのみである。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西