ニュース

巨人、阪神戦で執念の内野5人シフトも失敗

 巨人の原辰徳監督が11日、この日の阪神戦の6回に、内野に5人の野手を置く奇襲シフトを実行した。

 4-2と阪神2点リードで迎えた6回表、なおも一死二、三塁、7番今成という場面で、守る巨人ベンチから原監督がマウンドへ向かった。すると、歩きながら「みんな集合」の手振り。なんと外野手を含む野手全員を集め、作戦伝達を行った。

 その輪がほどけると、レフトの亀井が内野手用グラブを持ち換え、内野フィールドに。しかし、ここで阪神が代打・西岡をコールすると、亀井は再び外野手用グラブにチェンジし、レフトのポジションに戻った。

 ところが、西岡のカウント2-2になると、巨人ベンチは再び亀井を三遊間に配置。ショートの坂本が二塁ベース前方、外野はセンターの松本を左中間、ライトの長野を右中間に置き、広島のブラウン政権でお馴染み、内野5人シフトで5点目阻止を狙った。

 だが、西岡の放った打球は飛球となり無人のセンターへ。その間にランナー2人の生還を許し、奇襲は失敗に終わった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西