ニュース

不調のヤクルト・小川、混セ脱出のキーマンになれるか!? 21日のセ・リーグ試合予定

無断転載禁止
4勝6敗と、ここまでは黒星が先行しているヤクルトの小川泰弘©BASEBALLKING
 前日は打撃陣が17安打をマークし、逃げ切り勝ちを収めたヤクルト。借金を再び2に減らし、順位も3位タイに浮上してきた。

 投げても先発の新垣が、約1カ月半ぶりの白星をマーク。ヤクルトの先発陣は7月に入り、石川、館山ら、ベテラン投手の力投が目立っている。

 この流れに便乗したいのが、今日先発するエース・小川だ。2年連続で開幕投手を務めた若き右腕だが、前半戦を4勝6敗、防御率3.53と寂しい数字で終えた。春先は打線の援護が少ないなか先発陣を牽引する働きを見せたが、6月以降は毎試合四死球を与えるなど制球に苦しみ、7月に入ってからは2連敗中だ。

 攻撃陣では畠山が故障から復帰し、前半は苦しんだ大引にも当たりが出てきた。野手陣の役者が戻り、ある程度の得点力が見込めるだけに、今こそ和製ライアンらしい大胆な投球スタイルで、混戦を抜け出すキーマンになってほしいところだ。

 対するDeNAの先発は大ベテランの三浦。近年はヤクルト戦を得意としており、昨年の7月13日から5連勝中。前回登板(13日)も6回無失点と好投しており、今季4度目の燕退治に気合十分だ。

 本日の対戦カードと予告先発は下記の通り。

【21日の試合予定】

DeNA(三浦大輔)- ヤクルト(小川泰弘)
<横浜 18時00分>
・最近5試合の成績
De(2位):○○○○●
ヤ(3位):○●●○○

広島(野村祐輔)- 中日(山井大介)
<マツダスタジアム 18時00分>
・最近5試合の成績
広(5位):●●●○●
中(6位):○○○●○

阪神(メッセンジャー)- 巨人(杉内俊哉)
<甲子園 18時00分>
・最近5試合の成績
神(3位):●○○●●
巨(1位):●●●●○
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西