ニュース

延長12回、長谷川がV打 ソフトBが5時間27分の熱戦制す

● 日本ハム 3 - 8 ソフトバンク ○
<13回戦・札幌ドーム>

 ソフトバンクが5時間27分の熱戦に勝利。打っては決勝打を含む4安打2打点の長谷川、投げては無失点リレーで勝利を手繰り寄せた中継ぎ陣の活躍が光った。

 ソフトバンクは3-3の同点で迎えた延長12回、無死一塁から6番長谷川が決勝タイムリー二塁打を放つと、その後も打者一巡の5得点で試合を決めた。

 投げては先発の中田が7回3失点とゲームメイク。2番手以降は五十嵐、サファテ、森、柳瀬が無失点リレーで繋ぎ、4番手のルーキー・森が今季2勝目を手にした。

 一方の日本ハムは先発のメンドーサが好投するも、中継ぎ陣が踏ん張れず試合は延長戦へ。12回は2イニング目に突入した8番手の矢貫が5失点と力尽き、連勝は5でストップした。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西