ニュース

広島、丸のソロ弾で1点差に迫る 第6戦は序盤から点の取り合い

 両チームにミス、5回まで4-3で日ハムリード


 日本ハムの3勝2敗で迎えた日本シリーズ第6戦は、序盤から両チームにミスが出るなど点の取り合いとなった。

 日本ハムは初回、第5戦でサヨナラ満塁弾を放った1番西川が、いきなり三塁打を放ちチャンスメイク。2番中島の四球で一、三塁と好機を広げると、3番岡の適時内野安打で先制点を奪った。

 1-2で迎えた4回は無死一、二塁から7番田中が右前適時打を放ち同点とすると、さらに二死二、三塁から、西川がこの試合2本目となる三塁打を右翼後方へ運び一気に二者が生還した。

 対する広島は1点を追う2回、5番松山、6番鈴木の連打で無死二、三塁の好機を作ると、日本ハム先発・増井の暴投でまず同点。さらに一死三塁から、8番石原の三ゴロを三塁・レアードが後逸し、労せず勝ち越し点を奪った。

 2-4とされた5回には、二死走者なしから3番丸が右中間へ貴重なソロ弾。3-4と1点差に詰め寄り、前半5回を折り返した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西