解説者・実況アナウンサー

解説者

  • 江本孟紀

    1947年7月22日生
    高知県出身
    71年東映に入団。その後南海・阪神でも投手として活躍。81年に現役引退後、92年に参議院議員初当選。2004年に離職。その後野球タイ代表の総監督を務めるなど、野球普及活動にも注力。ベストセラー「プロ野球を10倍楽しく見る方法」をはじめ、著書は約60冊。 2017年には、旭日中綬章を受章。
  • 若松勉

    1947年4月17日生
    北海道出身
    71年ヤクルトに入団。167センチと小柄ながら、1年目より左翼手のレギュラーに定着、2年目の72年には首位打者を獲得し、「小さな大打者」としてリーグを代表する外野手となる。ヤクルト一筋19年。通算2000本安打も達成、42歳まで現役を全うした。シーズン打率3割を12回達成は歴代3位タイの記録で、通算打率.31918は日本人歴代1位。 2009年プロ野球殿堂入り。
  • 大矢明彦

    1947年12月20日生
    東京都出身
    70年、駒澤大学からヤクルトアトムズに入団。78年のヤクルトの球団初優勝、日本一に貢献。「鉄砲肩の殺し屋」と称された強肩で、長く正捕手として活躍。元キャッチャーとして、また監督経験者としての視点からの解説は耳が離せない。
  • 田尾安志

    1954年1月8日生
    大阪府出身
    ドラフト1位指名で76年中日に入団。同年新人王を受賞。広角に打ち分けるシュアなバッティングは「安打製造機」と呼ばれ、中日・西武・阪神で活躍。 2005年、50年ぶりの新規参入球団・東北楽天ゴールデンイーグルスの初代監督を務めた。重厚な声の、聴き心地の良い解説が魅力。
  • 野村弘樹

    1969年6月30日生
    広島県出身
    87年、甲子園春夏連覇を達成し、88年、横浜大洋に入団。多彩な変化球と巧みな投球術で、93年には最多勝に輝き、98年の横浜の日本一にエースとして活躍。ベイスターズのピッチングコーチも歴任し、選手・コーチ両目線からの解説には聴き応えあり。
  • 山﨑武司

    1968年11月7日生
    愛知県出身
    ドラフト2位で87年中日入団。96年本塁打王。03年にオリックスに移籍、05年からは楽天でプレー。07年には39歳で本塁打王、打点王の2冠を獲得。13年は古巣中日で、球界野手最年長の44歳で現役引退。 歴代18位の通算403本塁打を放っている。
  • 山本昌

    1965年8月11日生
    神奈川県出身
    83年中日に入団。 その後32年間現役を続け、2015年50歳で現役を引退。 最多勝3回獲得、94年には沢村賞受賞。 そして、2006年史上最年長でのノーヒットノーラン、 2008年史上最年長で通算200勝達成など数々のプロ野球最年長記録を樹立。 日本プロ野球界のレジェンド。
  • 宮本和知

    1964年2月13日生
    山口県出身
    84年のロサンゼルスオリンピックでは日本の金メダル獲得に貢献、84年ドラフト3位で巨人に入団。90年、91年には2年連続の2ケタ勝利。胴上げ投手も2度経験。選手会長も務めるなど、リーダーシップの高さにも定評あり。
  • 石井一久

    1973年9月9日生
    千葉県出身
    ドラフト1位で92年ヤクルト入団。98、2000年に最多奪三振、00年には最優秀防御率のタイトルも獲得。01年オフに米ドジャース移籍。メッツとの計4年間でメジャー通算39勝。06年にヤクルト復帰。07年オフ西武にFA移籍。日米通算524試合、182勝137敗1セーブ。ヤクルト、西武で5度の日本一に貢献した。
  • 里崎智也

    1976年5月20日生
    徳島県出身
    ドラフト2位で99年ロッテに入団。ロッテ一筋16年。2005年のロッテ31年ぶりの日本一、2010年“史上最大の下剋上 日本一”に大きく貢献。さらに日本代表としては、2006年の第1回WBCに主戦キャッチャーとして優勝。「世界一のキャッチャー」となり、ベストナインにも選出された。引き出しの多さ、表現力豊かな解説が魅力。
  • 谷繁元信

    1970年12月21日生
    広島県出身
    現役生活27年、数々のプロ野球記録を打ち立てた。1998年には、横浜ベイスターズ38年ぶり優勝の立役者として活躍し、その後の中日でも黄金期を支え、監督も務めた。捕手としては史上3人目の2000本安打も達成。キャッチャー・監督ならではの鋭い洞察力、試合の流れを読む野球勘、歯に衣着せぬ語り口は必聴。
  • 前田幸長

    1970年8月26日生
    福岡県出身
    甲子園アイドルから、ロッテオリオンズに入団。その後、中日、巨人、メジャー挑戦と常に新境地を開拓し続けた野球人。中継ぎへのコンバートも、「一番緊張する場面で使命を果たすこと」と本人ならではのモットー。戦国武将を彷彿とさせる名前から繰り出される解説は、ピッチャーならではの目線で、聞く者を魅了すること間違いなし!
  • 真中満

    1971年1月6日生
    栃木県出身
    92年ドラフト3位でヤクルト入団。巧打の外野手として、01年にはチームの優勝と日本一に貢献。07年には、代打のみで31安打を記録し、「代打職人」と呼ばれた。引退後、コーチを経て15年から監督に就任。史上稀に見る大混戦のセリーグを勝ち抜き、1年目でチームを優勝へと導いた。選手・コーチ・監督目線で語られる、多種多様な解説に注目!
  • 佐々木主浩

    1968年2月22日生
    宮城県出身
    「大魔神」の愛称を持つ。伝家の宝刀「フォーク」を武器に、マウンドに立つと、相手に絶望感すら与える圧倒的な投球で、98年守護神として横浜を日本一に導く。その後海を渡り、マリナーズでも抑えとして活躍。ストッパーとして一時代を築き、日本人史上初の通算300セーブを達成。解説陣唯一の「抑え投手」目線からの語りを聴き逃すな!
  • 関根潤三

    1927年3月15日生
    東京都出身
    50年法政大から近鉄に入団。57年外野手に転向。史上唯一、投手・野手の両方でオールスターゲームに出場。65年 巨人へ移籍し同年引退。その後巨人ヘッドコーチ・二軍監督、大洋・ヤクルトの監督を歴任。2003年プロ野球殿堂入り。

アナウンサー(※あいうえお順)

  • 洗川雄司

    1977年6月16日生
    長崎県出身
    通称「エロい川」。歯切れの良い実況で野球・サッカー・競馬をすべて器用にこなす。声は高いが背は低く、近年深酒のせいか肥満が進み、身長と体幅がほとんど変わらなくなってきた。
  • 大泉健斗

    1994年2月20日生
    東京都出身
    立教大野球部出身!ただし4軍。定位置はセンターのアシスト!楽天田中和基選手の後ろで球拾いをしていた。新卒で一般企業に就職するも、アナウンサーへの思いを捨て切れず、ニッポン放送に転職。「ももクロが人生のバイブルです。」と豪語し、カラオケで歌って踊る元気者。実況では1軍エースを目指す!
  • 栗村智

    1953年8月23日生
    広島県出身
    日本プロ野球からメジャーリーグ、競馬にはたまた演芸、そして犬まで。 オールスターゲームでの新庄剛志選手のホームスチールや オグリキャップの引退レースなど、歴史に残る名実況も多数。独特の謳い上げ実況に乞う、ご期待!
  • 煙山光紀

    1962年7月2日生
    広島県出身
    野球・サッカー・競馬の実況をすべて完ぺきにこなすスーパーアナウンサー。かつ白米3合を完食するスーパーストマックの持ち主である。特技はアニメソングの絶唱と将棋。双子の愛娘の成長が何よりの楽しみ。
  • 胡口和雄

    1948年10月17日生
    東京都出身
    なめらかな美声と心地よいリズムの「胡口節」は健在で、野球、競馬実況などをこなす。 またニッポン放送アナウンススクール校長も兼務。しかし、馬券の方は好調とは行かないようである。
  • 清水久嗣

    1980年8月30日生
    千葉県出身
    愛称“銀次”。日曜競馬ニッポンの司会を担当し、様々なスポーツ実況をこなすユーティリティープレイヤー。趣味も多く「食べる事とゲームをする事が何よりも幸せ」とのこと。無類のB級グルメであり、料理もたしなむ。
  • 松本秀夫

    1961年7月22日生
    東京都出身
    顔がヤギに似ている事から、愛称は「ヤギ松」。財布、上着、携帯電話、眼鏡、中継資料と、あらゆる物を失くしながら人生を突っ走る。2017年からはフリーアナウンサーとして多岐にわたり活躍。今年は前のめりに、より熱い実況に燃える。
  • 宮田統樹

    1941年11月21日生
    東京都出身
    御年77歳。去年はソフトバンクの優勝実況も担当し、ギネス級の伝説を打ち立てた。西武ライオンズと愛犬のクレアを愛してやまない。最近は、「まだまだ衰えたくない」と、水泳・ジム通いで肉体改造に努めており、生涯現役&ボディーのパンプアップを誓っている。
  • 師岡正雄

    1960年2月15日生
    東京都出身
    Jリーグ開幕、ジョホールバルの奇跡、WBC2度の優勝などエポックメイキングなシーンを多数実況。豊かな声量と明朗な声色が売り物。宴会大好き、焼酎大好き。ダイエットの為ジョギングにトライするも膝痛に悩まされ、断念。
  • 山田透

    1951年10月20日生
    秋田県出身
    公私に渡る破天荒な遍歴のなかで、ショウアップナイターをライフワークと公言。大袈裟なまでのエキサイティング実況は徹底したサービス精神に満ちている。ウォーキングと脱炭水化物で減量中。ギラギラのバイタリティーは衰え知らず。サウナとゴルフで今日も絶好調!
  • 山内宏明

    1969年4月25日生
    東京都出身
    愛称は「ヤマノ」。質実剛健な表現を旨としている。趣味はマラソンで、ハーフの自己ベスト1時間40分57秒。草野球も大好きで180キロを投げる訓練継続中。実はスポーツ部随一の酒豪であるが、最近はアルコールを控え、「炭酸水」を好む。