ニュース

【ボールの握り方】お父さんとお母さんのための野球基礎知識(入門編)

無断転載禁止

ボールは基本的に親指、人差し指、中指の3本の指で握ります。ボールの中心に人差し指と、中指の2本の指を置き、2本の真ん中の延長線上に親指を置くのが基本の握り方となります。
正しいボールの握り方

ここで気をつけて欲しい点は親指の腹の部分をボールにつけないこと。腹の部分をつけてしまうと摩擦が生じてしまい、ボールに上手くスピンがかからなくなってしまいます。また、子どもは手が小さいので、親指が下までいかず、ボールの横の部分を持ってしまったり、薬指を使ってボールを握ってしまうことは仕方のないことです。子どもの成長と同時に、徐々に正しい握り方にさせていくことが必要となっていきます。

■講師プロフィール

市川シニアの宇野誠一監督
宇野誠一
高校球児、中学硬式球児、学童球児の3児の父。
桐蔭学園高校→獨協大と内野手で活躍。社会人野球ではリクルート、ローソン、
フェデックスに所属。コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導、4年生から野球を始めた次男を侍JAPANアンダー12代表に育てた「ヤキュイク父」でもある。現在は中学硬式チームの監督を務める。
ツイート シェア 送る
連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS