ニュース

【ボールの捕り方】お父さんとお母さんのための野球基礎知識(入門編)

無断転載禁止


ボールを掴むというと、どうしてもボールを落とさないよう、手の平に力を入れて掴むものだ、そう考える人が多いでしょう。ですが、リラックスした状態で手の平にボールが当たれば、人体の構造上自然と手の平が閉じるようになっているのです。

これはグラブの中でも同じこと。この自然な動作ができるようグラブはなるべく「柔らかい」ものを選んだ方が良いでしょう。また、人差し指の付け根から、薬指の付け根部分のやや下側にあるポケットといわれる部分で掴むのがポイントです。網目状になっている部分(通称:ウェブ)は、手の力が入りにくい部分なのでなるべく避けましょう。


■講師プロフィール

市川シニアの宇野誠一監督
宇野誠一
高校球児、中学硬式球児、学童球児の3児の父。
桐蔭学園高校→獨協大と内野手で活躍。社会人野球ではリクルート、ローソン、
フェデックスに所属。コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導、4年生から野球を始めた次男を侍JAPANアンダー12代表に育てた「ヤキュイク父」でもある。現在は中学硬式チームの監督を務める。
ツイート シェア 送る
連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS