ニュース

【ボールの投げ方】お父さんとお母さんのための野球基本知識(入門編)

無断転載禁止


「ボールの握り方」を覚えたら、次に「ボールの投げ方」を実践してみましょう。しかし、いざボールを投げると、どのくらい位置でどれくらいの強さで投げればいいのかといった力加減がまだわかりません。はじめのうちはボールを地面に向かって投げたり、自分の真上に向かって投げてみて、手からボールを離す感覚を養うことが重要です。

ボールを離す感覚が徐々に身につけたら、キャッチボールを行いましょう。ただし、下半身と上半身を連動して投げるという動作は意外と難しいもの。まずは、下半身の動きを制限し、上半身のみで投げる感覚を掴むのが最善な方法でしょう。また、野球用語でマイナスな意味でよく耳にする「肘を下げた投げ方」はケガをするリスクが高くなってしまうことを忘れないように。ケガ防止のために、肘を上げ、頭を叩いてから投げると自然と肘を下げない投げ方というものが身につきます。

そしてお子さんとのキャッチボールで気をつけないといけない点は、お子さんの目線をしっかり把握しておくこと。大人にとって少しの距離は、子供にとっては想像以上に長い距離となります。一生懸命投げようと思って遠投をすると、肘が下がってしまいがちなので、距離を短くし、ワンバウンドのキャッチボールも頻繁に行っていきましょう。

■講師プロフィール

市川シニアの宇野誠一監督
宇野誠一
高校球児、中学硬式球児、学童球児の3児の父。
桐蔭学園高校→獨協大と内野手で活躍。社会人野球ではリクルート、ローソン、
フェデックスに所属。コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導、4年生から野球を始めた次男を侍JAPANアンダー12代表に育てた「ヤキュイク父」でもある。現在は中学硬式チームの監督を務める。
ツイート シェア 送る
連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS