ニュース

【グラブの使い方】お父さんとお母さんのための野球基礎知識(入門編)

無断転載禁止

グラブを使いボールを捕る動作において、グラブをはめていないもう片方の手の位置に悩む方も多いと思います。基本的にもう片方の手は、グラブからボールが落ちないよう「蓋をする役目」ではなく、捕ってから素早く投げるための「一連の動作をスムーズに行える役目」を持つので、グラブの横に添えるようにしてボールを捕るようにしましょう。グラブの横ではなく、前に出してしまうとボールが当たり、ケガをする恐れがあるので注意しましょう。

また、グラブは上、横、下と様々な角度で使います。キャッチボールにおいても、上の向きだけではなく、下の向きで捕球できるよう、投げる位置を変えていくのを推奨します。さらに、小さいお子さんは上から来るものに恐怖感を覚えてしまうもの。ボールの投げ方と同様に、ワンバウンドの球を投げて、恐怖心を和らげてあげることも必要です。

 

■講師プロフィール



市川シニアの宇野誠一監督

宇野誠一
高校球児、中学硬式球児、学童球児の3児の父。
桐蔭学園高校→獨協大と内野手で活躍。社会人野球ではリクルート、ローソン、
フェデックスに所属。コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導、4年生から野球を始めた次男を侍JAPANアンダー12代表に育てた「ヤキュイク父」でもある。現在は中学硬式チームの監督を務める。

ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS