ニュース

【素振りをやってみよう】お父さんとお母さんのための野球基礎知識(初級編)

無断転載禁止
前回の入門編で学んだバッティングの構えができたら、次は素振りを行ってみましょう。子どもは振ることに集中すると顔が下に向きがちですが、しっかりと投手が投げてくる正面を向いて振るようにしましょう。また、バッターボックス内を想定できるように、足元に直線を引いて、両足のつま先が引いた線に対して平行に向くように構えて振りましょう。

素振りはストライクゾーンを意識してスイングすることが大切です。ストライクゾーンの真ん中にボールなどの目印を置いて振ることで、正しいポイントで素振りをすることが可能となります。振った後は顔がバットの先端と同じ方向に向いてしまわないように後ろの肩にアゴが乗るようにフィニッシュしましょう。素振りは回数を多く振るのではなく、一球一球正しいスイングをすることが上達のカギとなります。


■講師プロフィール

市川シニアの宇野誠一監督
宇野誠一
高校球児、中学硬式球児、学童球児の3児の父。
桐蔭学園高校→獨協大と内野手で活躍。社会人野球ではリクルート、ローソン、
フェデックスに所属。コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導、4年生から野球を始めた次男を侍JAPANアンダー12代表に育てた「ヤキュイク父」でもある。現在は中学硬式チームの監督を務める。

【入門編】記事一覧

ツイート シェア 送る
連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS