ニュース

【ティーバッティング】お父さんとお母さんのための野球基礎知識(初級編)

無断転載禁止

素振りと合わせて、ティーバッティングでバッティングフォームを固めていきましょう。親御さんがトスを上げるケースが多いと思いますので、トスを上げる際の注意点を覚える必要があります。まず、トスを上げる位置はバッターの後ろの足に向けて上げてしまうと打ったボールがトス側の方に飛んで来てしまうケースがあるので、トスはバッターの踏み出す足の前の方に上げるようにしましょう。そして、バッターに向けてしっかりとボールを見せ「1.2.3」と掛け声をして、テイクバックを付けながらトスを行うと両者のタイミングが合いやすいです。

バッターはこの1.2の掛け声の時に、トップ(間)を作り、ボールを待ちます。そして、3の掛け声の時に振っていきましょう。上手く体重移動をすることができれば、バットに自分の力が上手く伝わり、強い打球が打てるようになります。


■講師プロフィール

市川シニアの宇野誠一監督
宇野誠一
高校球児、中学硬式球児、学童球児の3児の父。
桐蔭学園高校→獨協大と内野手で活躍。社会人野球ではリクルート、ローソン、
フェデックスに所属。コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導、4年生から野球を始めた次男を侍JAPANアンダー12代表に育てた「ヤキュイク父」でもある。現在は中学硬式チームの監督を務める。

【入門編】記事一覧

ツイート シェア 送る
連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS