ニュース

【ロングティー】お父さんとお母さんのための野球基礎知識(初級編)

無断転載禁止

ティーバッティングの延長として行いたいのがロングティーです。打ったボールを見ることで、正しいフォームやスイングで、ボールを捉えているのかチェックすることが可能です。

ボールを正しく捉えることができているなら、綺麗なライナー性の打球を打つことができます。しかし、どうしても遠くに飛ばしたいと思ってしまい、バッティングフォームが崩れてしまう恐れがあります。遠くに飛ばすことが目的ではなく、綺麗な打球を打つことを意識しましょう。教える側は子供が正しいフォームで打てているのか、しっかりと確認しましょう。


■講師プロフィール

市川シニアの宇野誠一監督
宇野誠一
高校球児、中学硬式球児、学童球児の3児の父。
桐蔭学園高校→獨協大と内野手で活躍。社会人野球ではリクルート、ローソン、
フェデックスに所属。コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導、4年生から野球を始めた次男を侍JAPANアンダー12代表に育てた「ヤキュイク父」でもある。現在は中学硬式チームの監督を務める。


【中級編】記事一覧

ツイート シェア 送る
連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS