ニュース

【城東ボーイズ】ドラフト1位も輩出!企業が運営する中学硬式野球クラブ

無断転載禁止
野球と勉強を両立する城東ボーイズの指導方針は「凡事徹底」。野球以外のことも当たり前にできるようになってほしいと鹿島監督は指導している。

写真|チームを率いる鹿島恭平監督
チームを率いる鹿島恭平監督


「挨拶や整理整頓、相手を思いやる気持ちなど、プレー以外のことを当たり前にできるようになってほしいですね。野球だけ頑張っていてもいつかどこかでほころびが出てしまいます。決して難しいことではないのですが、できない子には頭ごなしに怒るのではなく子どもたちの目線に指導者が合わせてあげることが大切です」。

そして、選手たちには野球を嫌いにならずに楽しさを感じてほしいと話す。

「野球というのは答えが一生見えないスポーツだと思います。上手く打てたり、抑えられても、常に成功するわけではありません。だからこそ考えてプレーして、色々な壁にぶつかっていくのです。そして、その壁を乗り越える楽しさを感じて欲しいと思っています。プレッシャーと思わずに、楽しさを持ち続ければ必ず成長します。3年間というわずかな期間ですが、たくさんのことを経験させてあげて、その後の人生に活かしてほしいですね」。

あくまでもチームの目標は試合に勝つことだが、目的は一人前の社会人になるための基礎作り。野球や勉強、それに私生活も含めた指導。甲子園常連校への進学者は多く、今後も多くの名選手を育てていくに違いない。(取材・撮影:児島由亮)


「チーム紹介」関連記事

ツイート シェア 送る
連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS