ニュース

【夢を叶えた男たちの少年時代】福岡ソフトバンクホークス 中村晃選手(高校〜プロ編)

無断転載禁止
写真|インタビューに答えてくれた中村選手
帝京高校時代の甲子園のことを懐かしそうに語ってくれた中村選手。
駒大岩見沢に7対1、神村学園に9対2、智弁学園に6対0と打ち勝ち、準々決勝にコマを進めた。7年ぶり2度目の出場となる佐賀北はこの大会の初戦が初白星で、前評判からすれば圧倒的に帝京有利だった。しかし、野球とは何が起こるかわからない。

帝京は先制を許すも4回に同点に追いつき、その後は両者0行進。試合は延長戦へと突入した。ここまで3安打の晃くんは延長10回、12回の打席、いずれも得点圏に走者をおいた状態で敬遠された。打ちたい、でも勝負をしてもらえない。好打者ならではの悔しさを味わった。そして13回裏、佐賀北の攻撃。二死から3連打で逆転を許し、サヨナラ負け。3時間を超える接戦の末、帝京の夏が終わった。

もちろん悔しくてたまらなかったが、10年の時を経て「キャプテンをして春夏2回の甲子園に行けた。報われた思いでした」と振り返ることができる。やはり甲子園は球児にとって特別な場所だ。

「あまり闘争心のない子だったので、どうなることかと心配だった」というお母さんの心配をよそに、野球人として立派に成長した晃くん。子供の頃からの夢を叶え、高校生ドラフト3巡目で福岡ソフトバンクホークスに入団した。高校通算60本塁打の長打も魅力だったが、プロでは選球眼に磨きをかけ、巧みなバットコントロールで安打を量産している。

丁寧に言葉を選びながら、最後のアドバイスをくれた。
「小学生は楽しく、中学生はうまくなろうと意識して取り組んだ方がいいと思います。高校生はチームプレーをより意識するようになるはずです。甲子園という目標があるから、それを目指して集団行動も勉強する場所。技術練習や体力強化は必ずやるので、それは自分でしっかり頑張ればいい。それ以上に、周りの選手とのコミュニケーションを勉強できるかが重要だと思います」
経験があるからこそ、言葉に重みを感じる。中村選手からのエールが、野球少年たちに届くことを願う。(取材・文/古江美奈子 ※高校時代の写真は提供写真)


協力:福岡ソフトバンクホークス オフィシャル球団誌『月刊ホークス』
https://www.hawks-ma.net/

プロフィール

なかむら・あきら/1989年11月5日生まれ。埼玉県出身。176cm、84kg。左投左打。帝京高校では3度甲子園に出場。07年高校生ドラフト3巡目でソフトバンクに入団。1軍初出場は11年。その後13年に1軍定着し、3年連続で打率3割超をマークした。14年には176本安打を放ち、最多安打を獲得。16、17年は全試合出場を果たす。粘り強い打撃、バットコントロールに加え、投手を助ける守備にも定評がある。



【夢を叶えた男たちの少年時代】関連記事

ツイート シェア 送る
連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS