ニュース

「文武両道 ービジネス界で活躍する元球児ー」上杉健さん(後編)

無断転載禁止

社業と野球の両立、そして高校野球の監督へ


――リクルートの野球部は他の社会人チ-ムと比べて大きく違うところがあったそうですね。
「創部のコンセプトは『仕事をきちんとしながら都市対抗に出よう』ということでした。強豪と呼ばれる企業は社業は午前中だけで午後からは野球というチームが大半なのですが、自分たちは他の社員と同じように定時まで仕事をして、夜に練習という感じでした。飲み会も普通にあって、その後に練習したりもしていましたね。さすがになかなか結果が出なくて、3年目くらいからは練習時間を長くしたのですが、残念ながら都市対抗には出られませんでした」

 
――社業ではどのような業務を担当されていたのですか?
「自分が配属されたのは『住宅情報』という不動産情報を扱う事業部でした。営業ではなく企画職だったのでいわゆるリクルートの営業という感じではありませんでしたが、待遇は本当に他の社員と同じでしたね」

 
――社業の面で苦労されたことはありませんでしたか?
「実際の仕事はそこまで辛いと思ったことはありませんでした。ただ当時のリクルートは研修がすごく厳しかったですね。何を答えても否定するような追い込まれ方をするのですが、それはちょっときつかったですね。後は飲み会が多かったのをよく覚えています(笑)」

 
――その後リクルートからローソンに移られて野球を続けられていますね。
「当時はリクルートもロ-ソンもダイエーグル-プで、リクルートの野球部のメンバーが出向という形でそのままローソンの野球部になったんですね。ただ自分は社会人に入った時に怪我をしてしまって、なかなか思うように結果を残せませんでした。ただ、リクルートの1期生として入部したんだから最後までやり切ろうということで、ローソンの野球部が廃部になるまで続けました。
リクル-トで6年、ローソンで6年の合計12年ですね。これだけやって一度も都市対抗に出られずに、2度廃部を経験しているのも自分くらいじゃないですかね(笑)」

 
――選手として引退した後、ローソンを退職されて高校野球の監督も経験されていますね。
「野球を引退した後半年くらいは会社に残っていたのですが、昔から指導者をやりたいという気持ちは持っていたので、色んな人に相談したら駿台学園が早稲田出身の指導者を探しているという話をいただきました。待遇もよく、いきなり専任採用というかなり良い条件だったので、ありがたいと思ってすぐ決めました。ただ学校の経営が良くなくて、グラウンドを手放した直後でグラウンドもなかったので、遠征に行くためのバスやウエイト設備なども自分の退職金から立て替えて準備しましたね。最終的に戻ってきましたが」
ツイート シェア 送る
連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS