ニュース

【明野ボーイズ】守備にセンスを感じさせた源田、普通の中学生だった阪神2位小幡

無断転載禁止
「小さくて細くて。ただ守備は上手かったですよ。とくに三遊間のさばきは見事でしたね。ハンドリングがじつに素晴らしかった。あの時点で肩が強い弱いはちょっとわかりませんでしたが、守っていてもじつにセンスを感じさせる子でしたね。それでも今のような形になったのは、社会人に入ってからでしょう」

というのは、源田壮亮在籍時の監督で、過去に初出場の明豊を甲子園ベスト8に導いた実績を持つ小玉孝さんだ。小玉さん自身が社会人野球の新日鉄広畑で都市対抗野球優勝を経験し、社会人ベストナインを受賞したほどの名遊撃手だった。そんな小玉さんを「グラブもしっかり立っていたし、守備に変な癖はなかった」と唸らせるあたりは、さすがに2018年パ・リーグのゴールデングラブ遊撃手だ。

また、嶋津義美球団代表も源田の印象は「主に守備面で残っている」という。
「体は大きくなかったですね。ただ、守備は本当に上手かった。ソフトボール出身なので捕ってから送球までのスピードがとにかく速かったです。打撃に関しては社会人時代もそうだったように、長打の少ない打者でしたね。クリーンヒットを狙って三遊間を抜くような当たりがとくに多かったと記憶しています」

延岡学園在学中から「同じ遊撃手の源田さんが目標」と公言していた小幡竜平も、中学時代は打撃で目立つタイプではなく、堅実な守備が光っていたそうだ。嶋津代表が振り返った。
「動きが柔らかかったですね。打球への入り方も良かったし、捕ってからの送球も基本がかなりできていた印象があります。肩の強さはそこそこでした。源田にしてもそうですが、将来的にプロになりそうな片鱗だとか雰囲気だとかはまったく感じませんでした。どこにでもいるような普通の中学生でしたから」

源田や小幡が育った大分市明野地区は小学生のソフトボールが盛んな土地柄で、ともに小学校時代はソフトボールクラブでプレーしたという共通点がある。ちなみに大分明野ボーイズに所属する選手の大半がソフトボール出身者で占められている。以前、源田は取材でこんなことを証言してくれたことがあった。
「ソフトボールはリードができないので、最初は離塁のやり方がまったくわかりませんでした(笑)」
ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS