ニュース

【少年野球質問箱】自宅でできる、守備が上手くなるための練習メニュー

無断転載禁止

今回の質問・お悩み


自宅でできる、守備が上手くなるための練習メニュー

息子の少年野球チームが勝てません。勝てない理由は色々ありますが、中でもフライが取れない、ファーストにきちんと投げれない、捕球後にどこにボールを投げていいのか判断ができないなど、守備力に一番の問題があるように思います。
上手くなるために自宅でも守備練習をしてもらいたいのですが、どんな自主練習をすればいいですか?

廣川さんの答え


学童野球の試合を見ていると確かにエラーは多いです。「もっとエラーが減れば…」と思われる方も多いでしょう。

おおよその話ですが、野球の試合で見られるプレーの9割以上は「できて当たり前」のプレーです。この「当たり前」のレベルがチームによって異なり、「当たり前」のレベルが高いチームが「強いチーム」と言われます。

私は特に守備においては、
・捕りやすい場所に移動して捕球
・投げやすい体勢を作って送球

どんな練習をするときにも、まずはこの2つがとても重要だと思います。
この2つができれば「落球」「悪送球」の確率はかなり下がります。

■どんな練習をすれば良いか?


ご家庭での自主練習と言っても、限られたスペースや練習相手もたくさんいるわけでもないと思いますので、それほど変わったことをやろうとしても難しいと思います。

キャッチボールや壁当てなど、どこでもできるような練習で良いと思います。普通の練習メニューを内容にこだわって取り組むことが技術向上につながると思います。その時の留意点について述べたいと思います。

(1)捕球は足を動かして『捕りやすい位置で捕球』を心がける
捕球時に「難しい捕り方」をすれば当然落球のリスクが上がります。基本的には体の正面で捕球すれば落球する確率は下がりますし、右利きであれば体の中心よりもやや右側で捕球すれば、捕球後の送球動作への移行がスムースに行えます。「捕球しやすい位置」「送球動作に移行しやすい位置」まで自分の足を使って移動する習慣を身につけるようなキャッチボールを行うことが守備力向上につながります。

(2)送球は『投げられる距離を確実に投げる』を心がける
当たり前のことですが、送球する距離が長くなれば悪送球になる確率が上がります。私は送球技術が低いときに遠投など、長い距離を投げる練習を行っても意味がないと思います。キャッチボールや送球は「相手が捕球できてこそ意味がある」と思いますので、「投げられる距離」を正確に投げるように練習した方が良いと思います。

(3)ゴロ捕球は『ショートバウンド捕球』を心がけて取り組む
ゴロを捕球する時、「前に出ろ!」と指導される方は多いと思いますが、私は闇雲に前に出ても守備力は向上しないように思います。ゴロを捕球する時には「ボールがバウンドするリズムを掴むこと」が選手自身の動きにもリズムを生みます。またイレギュラーなどに対応しやすくするためにも、ボールを「ショートバウンドで捕球する」を心がけてゴロ捕球の練習に取り組むと良いと思います。「どのあたりまで動けばショートバウンドで捕球できるか?」を予想しながら動くことでバウンドに対応するリズム感や動き自体のスピードも向上すると思います。

■結局は「どう取り組むか?」が重要


どんな練習も「目的意識」や「達成したい目標」がなければその質は低下してしまいます。これはグラウンドでの全体練習でも同じです。指導者が目的を伝えることも重要ですが、チーム内での練習は選手間で技術レベルの差もあるので、全員が同じ目標を掲げられないことの方が多いです。その時に「自主的な目標」を自ら掲げられる選手は上達も早いです。

自主練習は「自分で目標設定ができること」が最大の利点だと私は思います。

「廣川さん」プロフィール


廣川寿(ひろかわ ひさし)1969年生まれ。愛媛県出身。全国約7,000人の野球指導者及び保護者から絶大な支持を得ているFacebookページ「少年野球指導者のひとり言」管理人。

【球歴】
えひめ西(現松山)、リトルリーグ、愛媛県立松山北高等学校、甲南大学(阪神大学野球連盟)、リクルート(社会人野球東京支部)

【受賞歴】
■リトルリーグ
-四国大会優勝

■高校野球
-愛媛県中予地区新人戦優勝
-秋季愛媛県大会準優勝(四国大会出場)
-第59回選抜高等学校野球大会出場

■大学野球
-阪神大学野球連盟2部リーグ最優秀投手賞
(→1部昇格)
-阪神大学野球連盟特別賞(3度)
・1試合最多奪三振記録樹立(18個/当時)
・通算最多奪三振記録樹立(351個/当時)
・通算最多登板記録樹立(57試合/当時)
-学生日本代表候補選手選出 など

【野球指導歴】
-学童野球コーチ
-中学硬式野球チームコーチ・監督
-その他高校・社会人野球臨時コーチなど多数。
ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS