ニュース

YOUはどうして野球部に? 「いまどき中学野球部員」のリアルな声

無断転載禁止

「いまどき中学野球部員」のリアルな声


埼玉・川口市立上青木中は3年生5人、2年生4人(そのうち硬式クラブでプレーする選手が1人。平日の練習のみ参加)、1年生10人で活動。新チームは、実質13人で大会にのぞむことになる。
野球部に入った経緯や野球の魅力、坊主頭に関する素直な感情など、中学球児のリアルな声を聞いてみた。




【3年生】


■「強制坊主なら入部していません」


まずは3年生から。夏は川口市大会で敗れてしまい、部活動は引退。エースでキャプテンの篠田椋助くんと、キャッチャーの石井遥斗くんは、小学生からの野球経験者。市の選抜チーム・川口クラブにも選ばれていて、8月に開催される全日本少年軟式野球大会(横浜スタジアム)に出場する。

篠田くんは中学に上がる際、硬式クラブと軟式野球部で迷った結果、部活動を選んだそうだ。
「野球を楽しくやりたい、というのが一番の気持ちでした。入ってみて感じたのは、部活の場合は学校の友達と一緒に野球ができるので、チームの輪が作りやすい。それが、部活の良さだと思います」
髪型は丸刈り。でも、野球=坊主頭という固定概念は持っていない。
「強制的な坊主をなくすことで、中学から野球を始める子が入りやすくなっていると思います。うちは1年生が10名も入ってくれて、びっくりしました。仮入部のときにたくさん声をかけて、1年生が楽しそうに野球をやっている姿を見て、嬉しかったです」

一方、篠田くんとともに川口クラブに選ばれている石井くんは、非丸刈り派だ。
「3年間、一度も坊主にしていません。もし、強制坊主だったら野球部には入っていません。理由は……、恥ずかしいとかではなくて、何かイヤで」

――坊主頭の意味はどこにあると思う?
「ぼくはないと思います」

ないからこそ、強制的に丸刈りにすることに抵抗感がある。
では、高校で野球を続けることはどのように考えているのだろうか。
「やるつもりでは考えています。でも坊主頭のこともあって、どうしようかな……という気持ちもあります」

こうした悩みを持つ中学3年生は、きっと全国にたくさんいるだろう。

穂刈竜誠くんと大竹孝太郎くんは、中学から野球を始めたコンビだ。
「何をやろうか迷っていたら、篠田くん(キャプン)が誘ってくれて。はじめはルールも知りませんでした。練習でやってきたプレーを、試合でも発揮できたときが一番楽しいです」(穂刈)

髪型は丸刈り。あまり抵抗はなかったという。
大竹くんは、3年間で一度だけ坊主頭にしたことがあったが、そのとき以外は伸ばしている。
「坊主にする意味がわからなくて……、帽子をかぶりやすいぐらいしか思いつきません」

2人に野球部で学んだことを聞くと、「挨拶や感謝の気持ち」と教えてくれた。
今年1月に開催された「埼玉ベースボールフェスタin川口」では、子どもたちをもてなす役割を担い、野球の楽しさを伝える側に回った。
「ベースボールフェスタを通じて、少しでも野球の楽しさを伝えて、野球に興味を持ってもらえたら嬉しいです」(大竹)
ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS