ニュース

育成年代の野球で大切なことを日体大の監督に聞いてみた

無断転載禁止


■ある程度のルールの中で楽しくやるのが一番!




――文化的な話で言うと、坊主にするのが嫌で野球をやりたくないという子もいると聞きますね。
古城「うちにいた大貫(晋一・現DeNA)も短髪にするのを嫌がりましたからね(笑)。そういう子も確かにいると思います。ちなみに日体大の野球部は逆に坊主は禁止にしています。これから社会人になる大学生として相応しい髪型は坊主ではないだろうと思うんですよね。今はファッションで坊主にする人もいますけど。ただ就職活動する時に坊主よりも普通の髪型のほうが一般的には相応しいですよね。そういう意味で無精ひげもうちはダメです」

――ちゃんとした理由がなくて、しきたりだから続けているみたいなことが野球界には多いような気がします。
古城「そうですね。ある程度の規律は必要だと思いますが、理由がないのに続けているのは意味がないですよね。だからうちはこの暑い時期の練習はハーフパンツでやっています。海外はみんなそうですから。子どものうちは特にある程度のルールを決めたらとにかく楽しくやること。それが一番じゃないでしょうか」

(取材:西尾典文/写真:編集部)

ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS