ニュース

侍ジャパンU-18メンバーの中学出身チームを調べてみた

無断転載禁止
8月30日から韓国・機張(キジャン)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」へ出場する侍ジャパンU-18代表の出場選手20名が8月20日に発表されました。

今年のプロ野球では、開幕投手がメッセンジャー投手(阪神)以外の全員が中学軟式出身でちょっとした話題になりましたが、侍ジャパンU-18のメンバーの中学時代はどうだったのでしょうか?




【侍ジャパンU-18代表メンバー】


■投手
佐々木朗希(大船渡)3年 大船渡市立第一中(軟式)
飯塚脩人(習志野)3年 習志野第二中(軟式)
奥川恭伸(星稜)3年 かほく市立宇ノ気中(軟式)
前佑囲斗(津田学園)3年 津ボーイズ(硬式)
林 優樹(近江)3年 京都八幡リトルシニア(硬式)
池田陽佑(智弁和歌山)3年 京都ブラックス野球協会(硬式)
西 純矢(創志学園)3年 ヤングひろしま(硬式)
浅田将汰(有明)3年 飯塚ボーイズ(硬式)
宮城大弥(興南)3年 宜野湾ポニーズ(硬式)

■捕手
山瀬慎之助(星稜)3年 かほく市立宇ノ気中(軟式)
水上 桂(明石商)3年 三田ヤング(硬式)

■内野手
武岡龍世(八戸学院光星)3年 徳島ホークス(硬式)
韮澤雄也(花咲徳栄)3年 新潟リトルシニア(硬式)
遠藤 成(東海大相模)3年 本荘由利リトルシニア(硬式)
森 敬斗(桐蔭学園)3年 島田ボーイズ(硬式)
石川昂弥(東邦)3年 愛知知多ボーイズ(硬式)
熊田任洋(東邦)3年 岐阜青山ボーイズ(硬式)
坂下翔馬(智弁学園)3年 奈良葛城ボーイズ(硬式)

■外野手
鵜沼魁斗(東海大相模)2年 千葉西リトルシニア(硬式)
横山陽樹(作新学院)2年 栃木さくらボーイズ(硬式)

【ポジション別の硬式・軟式内訳】
・投手9名:硬式出身6人 軟式出身3人
・捕手2名:硬式出身1人 軟式出身1人
・内野手7名:硬式出身7人 軟式出身0人
・外野手2名:硬式出身2人 軟式出身0人

投手では9名中6名が硬式出身でしたが、ドラフトでも注目される佐々木(大船渡)、奥川(星稜)、そして飯塚(習志野)の3名は軟式出身。対して野手では11名のうち10名が硬式野球の出身。軟式出身は捕手の山瀬(星稜)の1名のみ。

部活動を含む中学時代の所属団体別に見てみると、最も多かったのは7名のボーイズリーグ。昨年の代表メンバーでその後にドラフト1位された根尾昂(大阪桐蔭→中日)、藤原恭大(大阪桐蔭→千葉ロッテ)、小園海斗(報徳学園→広島)の3選手もボーイズリーグの出身でした。

【中学時代の所属団体】
・ボーイズ出身 7名
・部活出身 4名
・シニア出身 4名
・ヤング出身 4名
・ポニー出身 1名

高校時点での日本代表という意味では、特に野手に顕著ですが、中学時代から硬式野球をやっている選手が選出される傾向にあるということが言えるのかもしれません。

しかし、前述の通り今年のプロ野球の開幕投手は11名が中学軟式野球出身でしたし、野手でも以下の日本を代表する選手たちも中学軟式の出身です。

青木宣親(ヤクルト/日向市立富島中)
大山悠輔(阪神/下妻市立千代川中)
糸井嘉男(阪神/京都組合立橋立中)
柳田悠岐(ソフトバンク/八幡少年野球クラブシニア ※軟式クラブチーム)
丸 佳浩(巨人/勝浦市立勝浦中)
大田泰示(日本ハム/松永ヤンキース ※軟式クラブチーム)
近藤健介(日本ハム/修徳学園中)

侍ジャパンU-18に選出された選手たちの大会での活躍に期待しつつ、中学軟式出身選手たちのこれからのステージでの巻き返しにも期待したいと思います!(ヤキュイク編集部)
ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS