ニュース

プロ注目の日体大・吉田投手に小・中学時代のことを聞いてみた

無断転載禁止
小学生時代を振り返り「怒鳴られたことも一度もない。だから今も野球を続けているのかもしれません」と話してくれた吉田大喜投手。高校選びは甲子園出場よりも「上手くなること」と親の経済的負担を考え、自分に合った高校を選んだんだそうです。




■怒鳴られたことは一度もない小学生時代


――野球を始めたのはいつからですか?
吉田「小学校5年生からです」

――少し遅いですね。他のスポーツもやっていましたか?
吉田「その前に友達に誘われてサッカーチームに入ったんですけど、すぐに辞めました。走ってばっかりで練習が楽しくなかったからです」

――野球をやろうと思ったきっかけは?
吉田「父も中学までやっていて、兄もやっていたので子どもの頃から兄の練習についていって遊んだりしていました」

――サッカーはすぐ辞めて、野球は続けられたのはなぜですか?
吉田「もともと遊びでやっていて好きだったということもありましたし、体験入部みたいなので結構打てて、自分でもできるなと思ったのは大きかったと思います」

――野球を始めた時からピッチャーでしたか?
吉田「小学校の時は最初はサードで、中学2年生くらいから本格的にやり始めたと思います」

――中学は硬式のクラブチームですか?
吉田「いえ、地元の中学の軟式野球部でした」

――中学の野球部は強いチームでしたか?
吉田「市内ではそれなりに勝っていましたけど、大阪全体で見れば全然強いチームではなかったですね」

――小学校の時のチームはどうでしたか?
吉田「全然強くなかったです(笑)」

――少年野球の時の練習は厳しい方でしたか?
吉田「いえ、全く。監督も優しかったですし、怒鳴られたこととか一度もなかったです。だから今まで続けられたのかもしれないです」
ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS